« 11/19 自宅ネットワーク不調の顛末(1) | トップページ | 11/19 自宅ネットワーク不調の顛末(3) »

2015年11月19日 (木)

11/19 自宅ネットワーク不調の顛末(2)

二日目。

朝ネットワークの状態を確認するも、相変わらずネットワークはつながらない。念のため電話回線が生きているかを確認したところ、こちらは使えることが判明し、ネットワークのみ不調のようだ。

9時にNTT Fletsのサポートに電話し、契約が(これまでどおり)Fletsであることを確認。10時にNTTから、昨夜送ったフォームの件で連絡があり、回線は健全なのでおそらくプロバイダの問題であろう、ソフトバンクに問い合わせてほしいとのアドバイスをいただいた。

すぐさまソフトバンクに電話をする。我が家はソフトバンクと一切契約を交わしていないので、ソフトバンク光の「新規申し込み」に電話をかけることにした。ソフトバンクの担当者には悪いとは思ったが、そもそも会員外の人間がなにかを相談する際の窓口が一切用意されていないのだ。新規申し込み窓口で、我が家がソフトバンクと一切契約をしていないことを確認。テクニカルサポートの電話番号を紹介してもらったが、改めて電話をかけたところ自動音声案内で会員番号を求められた。会員番号のない我が家にはなすすべがない。

再度新規申し込み窓口に電話し(今度のオペレータはいかにも「面倒ごとに巻き込まれた」といわんばかりの口振りだった)、頼み込んで総合受付へ転送、さらにそこからYahoo! BBのカスタマーサポートに転送してもらった。

Yahoo! BBのカスタマーサポートではかなり元気の良い男性に対応いただいた。親身に話を聞いていただいたが、会員番号がなければサポートができない、という結論はまったく変わらず。ただ、サポートの男性からは、カスタマーサポートへ直接つながる電話番号と、電話をかけたのちの操作方法を教えてもらった。また何か疑問点・不明点があれば遠慮なくかけてくださいとまで言っていただいた。電話の自動応答では会員番号の入力を求められるが、ここは適当な数字を入れておけば良いという。

実はかなりいい加減なシステムらしい。

万策尽きたと思ったのだが、ふと思い立ち加入中のプロバイダ@niftyのサポートに連絡を入れてみる。@niftyならば会員番号が入力できるし、そもそも正式な顧客なのだから何らかの対策が打てると考えたのだ。サポートに電話をしたところ、会員登録の変更などはなく、またハード的にもどうやら健全らしい。アクセスログを調べてもらい、たしかに通信量は減っているがそれなりにアクセスも続いている(当然である。亭主がiPhoneからWebメールをチェックしていたのだから)。

自宅のPCやiPhone, iPadに共通的に表示される「DNS」がらみのエラーメッセージを伝えると、そもそも@niftyではDNSのアドレスを指定せずともサービスは使えるという。

サポートに礼を言い、電話を切ってしばし考える。NTTの情報からハードは健全、ソフトバンクとの契約は一切なく、@niftyの現行契約も変更されていない。となるとこれは我が家のルータの設定、あるいはルータにぶら下がっている無線LANのDNS設定がなんらかの影響で変わってしまったのではなかろうか。

我が家のDNS設定が、亭主以外の人間から変更される可能性を考えてみる。ルータ、あるいは無線LANに進入するためには、ルータにPCなどをケーブルで直結するか、無線LANにログインする必要がある。もちろん無線LANにはうんざりするほど長くて、複雑なパスワードが設定されているので、無線LANからログインするのは不可能だろう。我が家に侵入しルータにPCをケーブルで直結するなどは(愛らしい番犬が2匹いるのだから)もちろん不可能である。

ならばなにが起きているのか。

会社で思いを巡らして解決するものでもない。この日は東京に出張だったため、深夜に帰宅して後対応することにする。

« 11/19 自宅ネットワーク不調の顛末(1) | トップページ | 11/19 自宅ネットワーク不調の顛末(3) »

インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11/19 自宅ネットワーク不調の顛末(2):

« 11/19 自宅ネットワーク不調の顛末(1) | トップページ | 11/19 自宅ネットワーク不調の顛末(3) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ