« 08/27 日々雑感 | トップページ | 08/28 【読】 「錦織圭 マイケル・チャンに学んだ勝者の思考(児玉光雄、楓書店)」 »

2015年8月28日 (金)

08/28 【読】 「犬のストレスがスーッと消えていくなで方があった(デビー・ポッツ、此村玉紀、青春出版社)」

「犬のストレスがスーッと消えていくなで方があった(デビー・ポッツ、此村玉紀、青春出版社)」

テリントンTタッチ指導の第一人者で、インストラクターでは世界の4指に入るというデビー・ポッツ氏と、認定プラクティショナーとして国内で活動する此村玉紀氏による、テリントンTタッチの公認解説書。仔犬からシニア犬まで、あらゆる犬の心身のバランスを整えるタッチ・メディテーションの方法を紹介する。

愛犬の困った行動、おちつきがない・吠える・イタズラ好きなどといったストレス性の行動への対応をはじめ、病気や怪我のケア、老犬の介護や看取りといった場面で活用できるという、Tタッチ。手の指先、指の腹、手のひら、手の甲などあらゆる場所をつかって犬の身体を撫でることで、犬の心を落ち着かせ、ストレスを解消させるのだという。本書ではTタッチのなかでも特に代表的とされる13種類のタッチ方法を紹介。クラウディッド・レパード・タッチ、アバロニ・タッチ、ラマ・タッチ、ラクーン・タッチなど様々な動物や生物の名前を冠した、ちょっとユーモラスな名前のタッチ方法が図解入りで示される。それぞれのタッチ方法には使いどころがあり、また期待される効果などが少しづつ異なっている。飼い主が愛情をこめて(しかし力を入れることなく)タッチすることで、犬は皮膚を介して非定常な刺激を受け、緊張や体の不快を解消させていくのだそうだ。

ちなみに亭主、本書を読む前から犬と人間とのスキンシップには大変な興味があって、まはろくん、あろはくんにはことあるごとにマッサージのようなことを試していた。犬にも気持ちのよいツボがあるようで、マッサージをしていると二匹の目がだんだんと穏やかになり、眠そうになり、ついには眠ってしまうことも度々であった(結果的に二匹からマッサージを催促されるようになってしまったのだが)。本書のタッチは、マッサージほどは力を入れず、せいぜい柔らかく皮膚が動くように円を描くのだそうだ。さっそく実践してみるとなるほど二匹とも気持ち良いようで、随分とリラックスしてくれた。本書を犬の問題行動の改善に使いたいという人もあろうが、やはり犬と人間の信頼関係の構築、犬がリラックスして普段生活できるようになることがまず必要であると気付かされた。

« 08/27 日々雑感 | トップページ | 08/28 【読】 「錦織圭 マイケル・チャンに学んだ勝者の思考(児玉光雄、楓書店)」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 08/27 日々雑感 | トップページ | 08/28 【読】 「錦織圭 マイケル・チャンに学んだ勝者の思考(児玉光雄、楓書店)」 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ