« 07/04 Kindle Paperwhite 2015 | トップページ | 07/06 【読】 「遠藤雅伸のゲームデザイン講義実況中継(株式会社モバイル&ゲームスタジオ、ソフトバンククリエイティブ)」 »

2015年7月 4日 (土)

07/04 Kindle Paperwhite 2015 (2)

朝注文したKindle Paperwhite 2015が届いた。

朝注文すると夜届く。日本の物流おそるべしであるが、運送会社に相当な負担がかかっているのではないかと不安にもなる。早晩日本の物流システムは破綻するので、今のうちに恩恵を享受しておくべしと、そういうことなのだろう。そういうことにしておく。

以前に比べるとパッケージはシンプルになった。あけると本体とUSBケーブル、それに冊子が2冊ついてくるが、冊子の一方は保障など重要事項の通知、もう一方は電源の入れ方。厚みがあって内容があるようにも見えるが、様々な言語で記載されているので、実質はどちらも2ページづつである。要するに必要事項のみで他には何も書いていない、といったところだろう。

以前はWi-Fi+3G版を購入したが、今回は素直にWi-Fi版を購入した。聞く所によれば、Kindleの3G機能はオフにできないため、Wi-Fi単独版に比べると電池の消耗が早いのだそうだ。3GはDocomoの通信網に乗り入れているという。3G通信はテキストのみの書籍データをダウンロードする際に用いられ、亭主が利用するコミックはWi-Fiでしかダウンロードできないのだという。シンプルなパッケージ同様、機能にもシンプルさ、割りきりが求められる。

おもむろにスイッチを入れてみる。以前と同様、購入時にはすでに亭主のAmazonアカウントと紐付けされているので、Wi-Fi設定と、Facebook, TwitterなどSNSとのアカウント連携さえすればよい。Amazon Cloudから以前Paperwhiteに保存していた書籍ファイルをもう一度ダウンロードすれば、以前との環境が再構築される。読みかけになっている本のページすら引き継がれるので一切不便さを感じない。この快適さがAmazon-Kindleなのだ。



ためしに読みかけになっている本を読んでみたのだが、dpiが212から300へと高解像度になりフォントが美麗になったのと、全体的に動作が高速になっている「印象」はするものの、実感はまだ湧いてこない。内部メモリが2Gから4Gbyteに倍増し、端末側にダウンロードできる本の冊数が増えている(それでも亭主にとってはまだまだ少ない容量だ)。

はて、一体何が変わったのだろう?

« 07/04 Kindle Paperwhite 2015 | トップページ | 07/06 【読】 「遠藤雅伸のゲームデザイン講義実況中継(株式会社モバイル&ゲームスタジオ、ソフトバンククリエイティブ)」 »

物欲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 07/04 Kindle Paperwhite 2015 (2):

« 07/04 Kindle Paperwhite 2015 | トップページ | 07/06 【読】 「遠藤雅伸のゲームデザイン講義実況中継(株式会社モバイル&ゲームスタジオ、ソフトバンククリエイティブ)」 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ