« 05/21 【聴】 XTLP / μ-Ziq, Planet-Mu(ZIQ360CD) | トップページ | 05/22 【聴】 Technodon / Not YMO, TOEMI(TOCT-27087) »

2015年5月21日 (木)

05/21 日々雑感

インターネットやSNSが広く世間に普及した結果、市井には多くの「自称研究者」「自称評論家」「自称ジャーナリスト」が現れて、なにやかやと世間を騒がせている。

ネットのニュースなどで報道される際には、彼らの行状に第3者の視点が入ることで「痛い人」「愚かな人」「心身に異常をきたしている人」などといった属性が付与される。ただしそれが彼らが自身を振り返るきっかけとなっているかは疑わしい。結果としてネットには「自称」の怪しい人たちが溢れかえり、世間にデマを振りまき、警察のご厄介になるような事件を起こしている。

しかしその一方で世間の「専門家」には、おそるべき実力を持った人も少なからず存在する。

たとえば、亭主の同期であるK氏の職場に、「棒銀(将棋の戦法)」が滅法強いベテランがいる。彼は高卒で今の職場に配属となり、そこではじめて将棋のルールを習った。同時に当時の職場の人から「棒銀」を習い、以来40年間棒銀一筋に将棋をさしてきたというのだ。

K氏も将棋は5段(アマチュアでは最高)の腕前だが、このベテランと将棋を打つと大苦戦する。なにしろベテラン氏は棒銀ひとつで、様々な相手方の守りを崩し、様々な攻撃を受けてきたという経験があるのだ。以前、プロ棋士が地方を訪れ、何人かの素人と同時に将棋をさすイベントを開催したことがあったのだが、素人の一人にこのベテラン氏が紛れたところ、プロ棋士が彼の棒銀戦法にきりきり舞いしたらしい。

すべてK氏からの伝聞でいくらか脚色が入っているかもしれないが、要するに市井に隠れた「専門家」だけは油断できない。

本来、人は誰もが「自らの経験したこと」に対する専門家である。自らが体験したこと、自らが見、聴き、肌や舌で感じたことについては、自信を持って断言できる(ただし残念ながら自分の心や身体で起こっていることは分からない)。

このブログをはじめるにあたって、亭主は先にも書いた「自称」な人々の仲間にだけはなるまいと、心に誓った。そのためには自らの経験したことのみを記事にするよう心がけた。自分語りが多く見えるのは、断言できる部分が自分の見たり、感じたりした部分にしかないからにほかならない。

自らが様々な方向にアンテナを向け、様々な事物を経験しなければ、語るべき部分はすぐに枯渇する。ニュースサイトや新聞を読むだけでなく、実際に行動し、自らに経験をインプットしなければ、語るべき部分が生まれてこない。

最近、ブログ記事の更新がさっぱりなのは、亭主自身のアンテナの範囲が極端に狭くなっている、行動しなくなっているからなのではないかと、思い至った今日この頃だ。

« 05/21 【聴】 XTLP / μ-Ziq, Planet-Mu(ZIQ360CD) | トップページ | 05/22 【聴】 Technodon / Not YMO, TOEMI(TOCT-27087) »

雑談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 05/21 日々雑感:

« 05/21 【聴】 XTLP / μ-Ziq, Planet-Mu(ZIQ360CD) | トップページ | 05/22 【聴】 Technodon / Not YMO, TOEMI(TOCT-27087) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ