« 05/17 日々雑感 | トップページ | 05/21 【聴】 XTLP / μ-Ziq, Planet-Mu(ZIQ360CD) »

2015年5月18日 (月)

05/18 日々雑感

「雑談系」の記事をNetwalkerで書く、という選択肢がどれほど有効なのかを再確認するため、さっそくNetwalker+gedit(テキストエディタ)を使って記事を書いている。

正直、全然使い物にならないのではないかとも思っていたのだが、意外と順調にテキストを入力できる。使いにくいことで定評のあるNetwalkerのへこへこキーボードも、へこへこであること、キー配置が特殊であること、一部キー(カンマやピリオド)が異様に小さいことを覚悟すれば、書けないことはない。むしろ、書きやすさよりもPCやiPhoneとウィンドウを別にして記事を書けるというメリットの大きさが際立つ。PCやiPhoneの画面にネタ元の記事を表示し、その記事を眺めながらNetwalkerでテキストを入力する、という執筆スタイルは、いちいち元記事とテキスト入力画面とを切り替えることなく作業が進められるという点で望ましい。



ところで、同じような使い方をするならばKingjimのデジタルメモ"pomera"という選択肢もあり以前に「繁盛記」で物欲を練ったことがある。



選択肢としては

 DM25(折りたたみキーボードでデータ授受はSDカード経由、アルカリ電池で20時間駆動、実勢価格18000-25000円)
 DM100(フルキーボードでデータ授受はSDカード経由、ただしWi-Fi内蔵SDカードを使うことでEvernoteと連携可能、アルカリ電池で30時間駆動、実勢価格は18000-47000円)

 あたりだろうか。個人的にはアルカリ電池のマネジメントという部分に若干面倒くささを感じるが、「慣れ」しまえばどうということもなかろう。

pomeraに関しては以前に秋葉原のヨドバシカメラで実機を触ったことがある。このときは「わりと普通にかけるなあ」という印象、ただしキーをパチャパチャと打つ感覚、打鍵の度にキーと、机がガタガタと動いたのには感心しなかった。

それに対してNetwalkerでの打鍵は、キーがへこへこであるにも関わらず意外と安定していて、特に本体と机との密着感、安定感がすばらしい。

これくらいのテキストを入力できるのだから、Netwalkerもまだまだ現役で使えると言っても良いのではなかろうか。

ちなみに、ちょっとした修正ならば「するぷろ」+iPhoneが圧倒的に便利である。

« 05/17 日々雑感 | トップページ | 05/21 【聴】 XTLP / μ-Ziq, Planet-Mu(ZIQ360CD) »

雑談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 05/18 日々雑感:

« 05/17 日々雑感 | トップページ | 05/21 【聴】 XTLP / μ-Ziq, Planet-Mu(ZIQ360CD) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ