« 01/14 かつてTwitter依存症だった | トップページ | 01/15 【聴】 Live at Blue Note Tokyo / 山中千尋 Somethin' Blue Quintet, Universal(UCXJ-1001) »

2015年1月15日 (木)

01/15 Twitterをやめたもう一つの意味

亭主がTwitterをやめた理由は、ほかにもある。

端的に言えばあるコミュニティに取り込まれそうになったからだ。

Twitterに限らず、SNS一般にいえることだが、フォロー・フォロワーのネットワークが拡大していくと、自然と同好の士が集まりコミュニティが形成される。

形成当初はいわゆる仲良しグループ、緩やかな関係の集団だったコミュニティの中に強弱関係が生じるーーーというのはわりとよくある話である。コミュニティに参加する頻度の多い人、声の大きい人、強気な人の意見がコミュニティ内部に影響を与え始めると、コミュニティ内部に暗黙のルールができ始める。

メンバーがそれを望んでいるか、望んでいないかはこの場合全く関係ない。

亭主はそもそもコミュニティに加わるつもりなどなかったし、だれかの定めたルールに従うつもりもなかった。

おそらく、コミュニティそのものも、亭主に加わってほしいとも、ルールに従ってほしいとも思っていないだろう。

しかし、事実として亭主はコミュニティの中に入っていた。声の大きい人の話に耳を傾け、その人の意向に沿うよう配慮してつぶやいていた。冷静に考えれば、おかしな話である。

同じくコミュニティにおける強弱関係、ルールの強制は匿名掲示板やFacebookにもある。

どうするか。

参加しているコミュニティを厳選するとともに、極力発言しないことにした。消極的だが、行動がコミュニティによって制限されたり、不本意な要求を突きつけられたりするよりはよほどましだ。


Posted from するぷろ for iOS.

« 01/14 かつてTwitter依存症だった | トップページ | 01/15 【聴】 Live at Blue Note Tokyo / 山中千尋 Somethin' Blue Quintet, Universal(UCXJ-1001) »

雑談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 01/15 Twitterをやめたもう一つの意味:

« 01/14 かつてTwitter依存症だった | トップページ | 01/15 【聴】 Live at Blue Note Tokyo / 山中千尋 Somethin' Blue Quintet, Universal(UCXJ-1001) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ