« 12/20 日々雑感 | トップページ | 12/22 最近の読書から(オーディオにハイレゾは普及するか、という話) »

2014年12月21日 (日)

12/21 【聴】 Have A Nice Day / World Order, Pony Canyon(PCBP-52308)

IMAGE

格闘家の須藤元気率いる7人組パフォーマンス・ユニット、World Orderの2年半ぶりとなる3thフルアルバム。スーツに革靴、無表情という典型的な日本人ビジネスマンの出で立ちと、7人が複雑に絡み合うシステマティックなダンス、そしてアッパーでケミカルなテクノ・ハウスとが絡み合う彼らの最新作はなんとCD + DVD + Bonus DVDの3枚組。

CDは2013年にリリースされたシングル"Imperialism"、AKB48とのコラボ、秋葉原での映像収録で話題を呼んだ"Have a Nice Day"など全8曲。ユニットのテーマ曲である"World Order"のリミックスほか3曲のリミックスを含む。いずれも世界の変革を予感する繊細でメロウな歌詞、聞き込むほどにその世界観に惹き込まれる。しかし特筆すべきはやはり彼らによるダンス・パフォーマンスであろう。DVDには"Imperialism"ほか6曲を収録。秋葉原を舞台にした"Have a Nice Day"、ロンドンで撮影された"Imformal Empire"などこれまでと同じく路上でのパフォーマンスが圧巻。さらにロンドンでの映像には戦争や災害の映像が随所に挿入され、さながら歴史ドラマのような壮大な作品に仕上がっている。亭主はこれまで映像をYoutubeで、音楽をCDでと分けて楽しんでいたが、やはりWorld Orderの真骨頂は映像だろう。

一方Bonus DVDには、日本各地のZeppを巡る"On the Road Adound Japan 2014"のツアーの模様が収録されている。東京、大阪、札幌、名古屋、福岡の各所でのライブ映像に加えて、ツアー先で楽しむメンバーの姿が収録されていて、普段のビジネスマン的な風貌とは異なる若者たちの素顔が楽しめる。ツアーではVJに合わせた彼らのダンス・パフォーマンスが披露される。これまでYoutubeや特典DVDでは楽しめなかった彼らのライブでの映像は必見。特にメンバー個人によるソロ・パフォーマンスは、彼ら一人ひとりが個性的なダンス・パフォーマーであることを再認識させてくれる。文句なし必見・必聴のアルバムだが、限定盤は6500円+TAXとちょっとお高めなのがつらい。

« 12/20 日々雑感 | トップページ | 12/22 最近の読書から(オーディオにハイレゾは普及するか、という話) »

聴(軟)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12/21 【聴】 Have A Nice Day / World Order, Pony Canyon(PCBP-52308):

« 12/20 日々雑感 | トップページ | 12/22 最近の読書から(オーディオにハイレゾは普及するか、という話) »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ