« 12/16 【聴】 Julianna's Tsunashima Vol.1 / V.A., Troubadour Record(TTRC-0033) | トップページ | 12/17 【読】 「とまっていた時計がまたうごきはじめた(細野晴臣+鈴木惣一郎、平凡社)」 »

2014年12月17日 (水)

12/17 日々雑感

秋葉原のカフェの席で、iPhoneとBluetoothキーボードを使ってこの記事を書いている。まだ打ち合わせの時間には余裕があるし、読みさしの本も章の切れ目で、少し別のことをするには良い頃合いだ。通りを眺めていると、これから仕事に出かけようという会社員たちが、厚ぼったいコートとに身を包み首をすくめながら歩いている。亭主も同じ会社員だが、彼らとは時間の流れが少し違う。ちょっとした優越感が味わえるのが出張の楽しみだ。

もっとも、通りを眺めながら、ゆっくりと記事を書いているわけにはいかない。こうしている間にもiPhoneのバッテリーは着々と消耗している。カフェの席の近くにサービスコンセントがないかと思ったのだが、見当たらない。自由におもわれたiPhone + LTE通信によるモバイル環境も、実は電源に束縛されている。亭主が動画や、ブラウザゲームにはまっていたならば、これに通信量上限の束縛が加わる。それでも、かつての携帯電話の頃に比べればずっとずっと快適である。快適だが、どこかでバッテリーの残量が気にかかっている。バッテリーの制限がなくなったら、さぞかしストレスフリーになることだろう。

以前からiPod Classic(携帯オーディオプレーヤー)の容量不足が気になっていて、OyaideのFiioであるとか、SONYのハイレゾ対応ウォークマンの情報を漁っている。ところが、iPod Classicの容量160GBに匹敵するプレーヤーはなかなかない。いや、一機種だけFiioに256GBという大容量モデルがあるのだけれど、数十万という値段に買う気が起きない。携帯オーディオプレーヤーを選ぶにあたっては容量という制限がある。ただし、kindle(電子ブックリーダー)のように、データ本体はクラウドに格納されていて、必要に応じてWi-Fiや3G通信で逐次ダウンロード可能というならば、容量という制限からは解放される(ただし今度は通信量という制限が生じる)。重要なのは、携帯オーディオプレーヤーを容量の視点でのみ眺めていては、ユーザはいつまでたってもiPod Clasiicから離れることはできないし、メーカはいつまでたってもiPod Classicをハイエンドとして拝まなければならないということだ。

もしかしたら、通信量という視点でのみ眺めていることすらも、自身を呪縛していることになるのかもしれない。といいつつ、自分自身がどれだけ解放されても、製品がついてこなければ意味がないのだけれど。

以前、欲しいものがなくなってしまったという話をブログに上げた記憶があるが、上のような制限さえなければ欲しいものはいくらでもある。1万枚くらいのアルバム・ライブラリから、自身が聞きたい曲を自由にセレクトできるオーディオプレーヤーだの、少なくともコミックが1000冊単位で自由にセレクトできる電子ブックリーダーだの、現在所有している4000枚近いCDを収納できる棚だの、主に収納・記録媒体関係の物欲は果てしない。問題は、そういった制限を突破するようなオーディオプレーヤーであるとか、電子ブックリーダーが市場にないこと、地震にあってもびくともしない、CDが外に飛び出さない堅牢かつ安全なCDラックが見当たらない点にある。もちろん、CDラックなどは自分自身で作れば良いのだろうが、自作するには道具も時間も、ノウハウも不足していて、できればアウトソーシングで済ませたいところ。

日々を仕事に追われ、また自宅では家事やわんこたちの世話に追われているせいか、こういうカフェでのんびりする時間はとても貴重だ。本も読みたいし、様々なアイデアを構想し、また整理してまとめたい。もちろん、できればアイデアをまとめるだけでなく実際に手を動かしてモノとして仕上げたい。ただ、今の亭主にせいぜいできることはといえば、こうやって思考をテキストにまとめることくらいだ。

Posted from するぷろ for iOS.

« 12/16 【聴】 Julianna's Tsunashima Vol.1 / V.A., Troubadour Record(TTRC-0033) | トップページ | 12/17 【読】 「とまっていた時計がまたうごきはじめた(細野晴臣+鈴木惣一郎、平凡社)」 »

雑談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12/17 日々雑感:

« 12/16 【聴】 Julianna's Tsunashima Vol.1 / V.A., Troubadour Record(TTRC-0033) | トップページ | 12/17 【読】 「とまっていた時計がまたうごきはじめた(細野晴臣+鈴木惣一郎、平凡社)」 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ