« 12/17 【読】 「とまっていた時計がまたうごきはじめた(細野晴臣+鈴木惣一郎、平凡社)」 | トップページ | 12/20 【聴】 Next Life / V.A., Hyperdub|Beat(BRHD029) »

2014年12月18日 (木)

12/17 【食】 ラーメン威風(濃厚味噌チャーシュー麺、千代田区神田佐久間町)

20141217ramenifuu.jpg
東京は秋葉原、ヨドバシカメラマルチメディアAkiba近くにあるラーメン店。外見には味噌ラーメン専門という感じもしたが、実際にはしょうゆ味のラーメンも作っているようだ。今回は初めて訪れた、ということで最も気合が入っている(と思われる)濃厚味噌チャーシュー麺を注文した。990円。ちなみに店員は出来上がったラーメンをこちらに供する際に「スペシャルチャーシューの人ー」と言っていて、亭主が注文したものだと全く気がつかなかった。

黄色く波打った中華麺と、豚骨で出汁をとったと思しき味噌味スープとの組み合わせ。麺は歯ごたえがあり、軽い弾力とともにプチンと切れる。スープはケモノ汁(横浜家系ラーメンに特徴的な豚骨醤油スープ)ほど濃くはなく、かといって一般的な味噌ラーメンのようなさらさらスープでもない。標準的な味噌ラーメンに、少し濃い目のスープを合わせた感じといえば分かりやすいだろうか。

ラーメンの具は、チャーシュー、ネギ、メンマ、もやし少々。チャーシューは(チャーシュー麺というだけあって)ボリュームたっぷりの本格派。チャーシューの上にはおろしにんにくが載せられているが、会社員の昼食としてはちょっときついだろう(亭主は最後まで溶かさずよけて食べた)。メンマが意外とたくさん入っていて、最後までしっかりと食べられる。

総合的な評価は・・・うーん、普通よりちょっと濃い目の味噌ラーメン。いわゆるもろみの味ではなく、万人向けの味だ。東京というラーメン激戦区にあってはオーソドックスな部類に入ってしまうかもしれない。食べている途中のインパクト、食べた後の満足度ともにほどほど、どちらかといえばカロリーを気にしてスープを残しても惜しくないタイプのラーメンかと。

« 12/17 【読】 「とまっていた時計がまたうごきはじめた(細野晴臣+鈴木惣一郎、平凡社)」 | トップページ | 12/20 【聴】 Next Life / V.A., Hyperdub|Beat(BRHD029) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 12/17 【読】 「とまっていた時計がまたうごきはじめた(細野晴臣+鈴木惣一郎、平凡社)」 | トップページ | 12/20 【聴】 Next Life / V.A., Hyperdub|Beat(BRHD029) »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ