« 12/03 【読】 「売国妃シルヴィアーグイン・サーガ134−(宵野ゆめ、ハヤカワ文庫)」 | トップページ | 12/06 【読】 「アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(小倉 広、ダイヤモンド社)」 »

2014年12月 3日 (水)

12/03 【読】 積読の本いろいろ

出張の移動時間を利用して積読の本3冊を読み終えた。残りの積読本は15冊。

積読なので、棚の上の、本を積んであるところは見えても、横からなのでタイトルは読めない。

なんとなくざっくりと、うろ覚えで、どんな本がつんであるかを透視してみることにした。

【小説】
・錨を上げよ(百田尚樹)
・とっぴんぱらりの風太郎(万城目学)
・ペテロの葬列(宮部みゆき)

【アーティスト本・評伝】
・EXILEのHIROが書いた本があった気がする。
・ダニエル・ラノワ伝
・柳原白蓮の本があったような
・細野さんのエッセイ本

【こころ】
・歎異抄の解説本
・アドラー心理学

【地誌・民俗学】
・秘境本
・日本奥地紀行
・サンカ研究

【ビジネス・経済】
・イノベーションの解
・アル・ゴアの本
・寺島実朗の本

うんうん、結構覚えている。

この中で明らかに薄い本・いわゆる文庫本は柳原白蓮の本くらいで、あとはそれなりに分量がある。今日のようにぱぱぱっと3冊消化できるようなものでもなさそうだ。なかから「ペテロの葬列」「イノベーションの解」「アドラー心理学」の3つをセレクトしTwitterで次は何を読もうかとつぶやいたところ、アドラー心理学に2票入った。

次、決まりました。

« 12/03 【読】 「売国妃シルヴィアーグイン・サーガ134−(宵野ゆめ、ハヤカワ文庫)」 | トップページ | 12/06 【読】 「アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(小倉 広、ダイヤモンド社)」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12/03 【読】 積読の本いろいろ:

« 12/03 【読】 「売国妃シルヴィアーグイン・サーガ134−(宵野ゆめ、ハヤカワ文庫)」 | トップページ | 12/06 【読】 「アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(小倉 広、ダイヤモンド社)」 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ