« 11/19 【読】 「ドッグ・トレーナーに必要な複数の犬を同時に扱うテクニック(ヴィベケ・S・リーゼ、藤田りか子、誠文堂新光社)」 | トップページ | 11/21 【聴】 Xen / Arca, Mute|Trafficjpn(TRCP-178) »

2014年11月19日 (水)

11/19 【読】 「データの見えざる手ーウェアラブルセンサが明かす人間・組織・社会の法則(矢野和男、草思社)」

「データの見えざる手ーウェアラブルセンサが明かす人間・組織・社会の法則(矢野和男、草思社)」

日立製作所中央研究所主管研究長。ウェアラブル技術とビッグデータ収集・活用の分野で世界的に活躍する矢野氏が、ビッグデータ解析の結果から明らかとなった人間社会の法則を解説した書。2014年刊行。

2006年に矢野氏のプロジェクトが開発したウェアラブルセンサ。腕時計や名札などとして身につけることで人間の日々の行動を加速度センサとして記録する。矢野氏自身による4年間の行動データ、延べ100万人×日におよぶ様々な人々の行動データは、徐々に人間・組織・社会の背後に潜む法則を顕在化させる。自由意志と思われた人間の行動は実は法則によって制約され、「幸せ」や「運」といった本来どうすることもできない要素が、定量的に評価可能であるばかりか実は人間の意志によって制御しうるという本書の内容は、読む人に新鮮な驚きをもたらす。ビッグデータ解析から導き出される「人間社会の法則」は、これまで曖昧糢糊として語られていた心理学、経済学、哲学、経営学といった分野に解析的なアプローチを提供するとともに、読む人に幸せや運は自ら引き寄せることができるという希望を与えてくれる。

実は亭主、矢野さんとは以前仕事の関係でお会いしたことがある。周囲からは「変わった人だよ」などと言われていたが、お会いしてみると気さくで陽気、常にポジティブに、会話を楽しまれる方だった。一緒にお仕事をしましょうと約束したものの、亭主自身が別のプロジェクトに巻き込まれてしまい、結果的に矢野さんとのお付き合いを別の方に委任してしまった。今考えてみると勿体無いことだった。

本書にはいくつかの技術が紹介されている。人間の行動をリアルタイムで記録するウェアラブルセンサ、大量のビッグデータを帰納的に分析し新たな因果関係を見出す強力な人工知能・HOLMESなどがそれにあたる。ただし、本書に示されているこれらの技術は、内容のみの紹介にとどまり詳細が一切開示されていない(マジックのタネを明かす人はそうそういない)。「人間社会の法則」を導き出す仕掛け、アーキテクチャに興味を示す人々にとって、この秘匿はストレスとなることだろう。

幸いにも亭主、矢野さんとお会いしたときにこのセンサやHOLMESを拝見し、実際にこれらを使ったデモも拝見している。なるほどビッグデータとはこのように分析するものなのかと興味津々だった一方、趣味の塊のようなこのシステムにある種の羨望を抱いたことを思い出した。矢野さんにとって研究・仕事とは、まるで子供がおもちゃをいじくりまわすようなものなのだろう。翻って自分自身は、おもちゃをいじくりまわすように業務に取り組んでいるだろうか・・・。

理系と文系とが入り混じる独特の文体、なぜか唐突に現れるマニフェストなど奇妙と思われる部分も少なからずあるが、いろいろな人に読んでもらいたい本。

« 11/19 【読】 「ドッグ・トレーナーに必要な複数の犬を同時に扱うテクニック(ヴィベケ・S・リーゼ、藤田りか子、誠文堂新光社)」 | トップページ | 11/21 【聴】 Xen / Arca, Mute|Trafficjpn(TRCP-178) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602237/62504118

この記事へのトラックバック一覧です: 11/19 【読】 「データの見えざる手ーウェアラブルセンサが明かす人間・組織・社会の法則(矢野和男、草思社)」:

« 11/19 【読】 「ドッグ・トレーナーに必要な複数の犬を同時に扱うテクニック(ヴィベケ・S・リーゼ、藤田りか子、誠文堂新光社)」 | トップページ | 11/21 【聴】 Xen / Arca, Mute|Trafficjpn(TRCP-178) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ