« 11/17 【聴】 Enter / Cybotron, Fantasy|Desicion(DECCDJ1104) | トップページ | 11/18 【読】 「レコード・プロデューサーはスーパーマンをめざす(細野晴臣、徳間書店)」 »

2014年11月18日 (火)

11/18 日々雑感(ネットの究極の選択的質問から)


わりと真剣に考えて、こう答えた。


このタイプの問題は、回答者に二者択一を迫ることで思わぬ本音を引き出すためにあるように思う。が、質問自体をよくよく設計しないと、二者択一の天秤をするりとかわす答えが出てくることになる。

質問によれば、自分は、世界を代表する科学者であるという。おそらく、世界最高の頭脳・叡智と洞察を備えていて、世界を救う最後の希望たる人物なのであろう。となると、病気を治すのは自分しかいないということになる。

チンパンジーか、障がい者、どちらかが犠牲になれば世の中は助かる、というのがこの質問の重要な点だ。つまり、生物実験を繰り返さずとも、たった1回の実験で未知の病気の対抗策が見出せるというのである。

となれば、科学者は、どちらを犠牲にするまでもない。自分自身に実験をすれば良いのだ。実験しさえすれば良いのならば、二者択一で悩む必要は全くない。もし実験が成功すれば自らは助かるのだろうし、失敗すれば助からず、世界を救う最後の希望が失われても仕方がない。

世界を代表する科学者であり、この世界の最後の希望ならば、それくらいの責任は負ってしかるべきであろう。これは感情論ではなく、むしろ科学技術に対する、研究者の責任の取り方の問題であろうと

そんなことを考えて答えた次第。



« 11/17 【聴】 Enter / Cybotron, Fantasy|Desicion(DECCDJ1104) | トップページ | 11/18 【読】 「レコード・プロデューサーはスーパーマンをめざす(細野晴臣、徳間書店)」 »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11/18 日々雑感(ネットの究極の選択的質問から):

« 11/17 【聴】 Enter / Cybotron, Fantasy|Desicion(DECCDJ1104) | トップページ | 11/18 【読】 「レコード・プロデューサーはスーパーマンをめざす(細野晴臣、徳間書店)」 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ