« 09/02 カバンの中身 | トップページ | 09/07 日々雑感 »

2014年9月 3日 (水)

09/03 【食】 味の帝王(帝王チャーシュー麺味噌味、日立市)

20140903ajinoteiou2.jpg
茨城県日立市東金沢町。国道六号塙山交差点を東進、右側にある味噌ラーメンの店。以前から市内のあちこちの電柱に「味の帝王」なる広告があったのだが、入るのは今回が初めてとなる。いや実は、広告のある町内付近をぐるぐると捜していたのだが、全く関係ない場所を探していた。めんぼくない。

店内は「ラーメンがメインの食堂」、といった趣。こざっぱりとしていて、おかしな能書きがあちこちに貼ってあったりしないのが良い。メインは、「なつかしのラーメン」と「帝王ラーメン」の2種、それぞれに味噌・塩・醤油味があるが今回はオーソドックスに帝王ラーメンの味噌味を注文した。おっと、チャーシューを追加してチャーシュー麺にしてみた。900円。

以前見た看板に、「味噌ラーメン」が売りと書いてあった気がしたので味噌味を注文してみたのだが、正解。麺は黄色い中華麺で、軽くウエーブがかかっている。こころもち太めだが思ったよりもボリュームは感じられない。コシはほどほど、喉越しもよく、うまい。味噌味のスープは、いわゆる札幌ラーメン的な味噌味ではなく、濃厚スープに味噌をほどよく溶かしたもの。前回訪れた「宮本商店」が濃厚豚骨醤油ならば、こちらは濃厚鶏がら味噌、といったところだろうか。濃厚だが脂っぽさはほどほど、しつこすぎないのが良い。特筆すべきはチャーシューで、赤身肉をしっかりと煮込んである。世間で流行の背脂たっぷり、脂身たっぷりのチャーシューに比べると繊維っぽく、歯ざわりがぎしぎしと特徴的だ。これもうまい。麺、スープ、チャーシューと、どれも非常にオーソドックスながらもクオリティは高く、全体として美味、完成度の高いラーメンだった。

ちなみに亭主がチャーシュー麺を好んで食べるのは、チャーシューが好きで好きでたまらないから、というわけでは必ずしもない。普通にラーメンを注文して、もし万一「はずれ」だった際に、なんとかはずれの残念感をリカバーするためだ。一般に、チャーシューがまずい店、というのはそうそうない。トッピングの主力ということでどの店も力をいれている、ということもあるのだろうが、そもそも「醤油やもろ味でじっくり煮込んだ肉がまずいはずがない」。

今回の味の帝王でも、「はずれ」をリカバーする方策としてチャーシューを注文してみたのだが、亭主の懸念はいい意味で覆った。赤身を主体としたチャーシューは、脂少なめ健康によい上に、お店の個性をしっかりと出している。歯ざわり、味わいも申し分なく、結果的にラーメン全体の質を高めることに成功している。

« 09/02 カバンの中身 | トップページ | 09/07 日々雑感 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 09/03 【食】 味の帝王(帝王チャーシュー麺味噌味、日立市):

« 09/02 カバンの中身 | トップページ | 09/07 日々雑感 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ