« 06/18 日々雑感(マクドナルド低迷の本当の意味) | トップページ | 06/20 【聴】 Sorcerer / Miles Davis, Columbia(CK65680) »

2014年6月19日 (木)

06/19 【聴】 At the Montreux Jazz Festival / Bill Evans, Verve|Universal(UCCU-6019)

IMAGE
"Waltz for Debby"、"Portrait in Jazz"などのヒット作で知られるビル・エヴァンス(Piano)が、エディ・ゴメス(Bass)、ジャック・デジョネット(Drums)らとともに作り上げたピアノ・トリオのライブ・アルバム。全10曲。1968年、スイスのモントルーで開催されたフェスティバルの様子を録音したのが本作となる。

非常にモダンで、快活な作品。以前の"Waltz for Debby"にみられたしっとりとした部分は抑え気味、どちらかといえば演奏と、音を楽しむタイプのアルバムといっても良いだろう。なかでも注目すべきはジャック・デジョネットのドラム。ブラシがシンバルを撫でる音、演奏全体を引き締めるビートが作品にスピード感を与えている。ビル・エヴァンスのピアノもまた洗練を極めており、かつての「耽美派」のイメージを見事に覆してくれる。

なお本作はライブアルバム、ということで、ライブならではお楽しみが随所にちりばめられている。1曲目のアーティスト紹介、アンコールを熱望する観客の拍手などもしっかりと収録されている。ぜひオーディオセットでその臨場感を確かめて欲しいところ。

« 06/18 日々雑感(マクドナルド低迷の本当の意味) | トップページ | 06/20 【聴】 Sorcerer / Miles Davis, Columbia(CK65680) »

聴(軟)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 06/19 【聴】 At the Montreux Jazz Festival / Bill Evans, Verve|Universal(UCCU-6019):

« 06/18 日々雑感(マクドナルド低迷の本当の意味) | トップページ | 06/20 【聴】 Sorcerer / Miles Davis, Columbia(CK65680) »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ