« 04/24 日々雑感 | トップページ | 04/25 【読】 「マッキンゼー式最強の成長戦略(パトリック・ヴィギュエリ、スヴェン・スミット、メルダッド・バグハイ、エクスナレッジ) »

2014年4月24日 (木)

04/24 【読】 「小暮写眞館(上)(宮部みゆき、講談社文庫)」

「小暮写眞館(上)(宮部みゆき、講談社文庫)」

ミステリ作家として、またゲームのノベライズや妖怪・時代小説作家としても活躍する宮部みゆきが、講談社創業百周年の記念として2010年に書き下ろした作品。どこにでもいる高校生の少年を主人公に、様々な人々の人間模様を描く現代ミステリ。

家族とともに、古い写真館つき住居に引っ越してきた高校生・花菱英一(花ちゃん)。容姿・頭脳・運動神経ともに平均レベル、サラリーマンの父というなんら特徴のない彼の日常は、一人の女子高生がもたらした一枚の写真から変化し始める。かつて写真館で撮られたという古い写真、その中には本来ありえない場所に女性の顔が浮かぶ、いわゆる「心霊写真」だった。写真の謎を解くべく動き出した英一。ツテをたどっての地道な調査は、やがて英一と、彼の周囲の人々を巻き込んだ静かな「事件」へと発展していく

らしい。

らしい、と勿体を付けたのは、本書がまだ「上巻」だから。上下巻あわせて全4話構成、うち上巻には2話が収録されている。 各話は1つのエピソードを軸に語られるが、それぞれのエピソードは登場人物がゆるやかにつながっているほか、前のエピソードが起点となって次のエピソードが始まる、という連鎖構造になっている

らしい。

らしい、としつこく勿体つけたのは、この連鎖構造がまだ1話分しかないからだ。

妻は上巻を読んだだけで「いまいち」と投げ出してしまったのだが、亭主的にはなかなかどうして面白い。物語はミステリ仕立てであるが、全体的には花ちゃんを中心とした「青春小説」で、オトナとの駆け引きあり、冒険あり、女の子とのドキドキありとしっかり青春している。妻が投げ出してしまったのは、おそらくミステリの肝である謎解きの爽快感、名探偵が犯人をおいつめ、一気に形勢逆転するカタルシスが味わえないからだろう。主人公が普通の高校生ということもあるだろうし、まだ上巻ということもあるだろう。とりあえず下巻に期待といったところだ。

« 04/24 日々雑感 | トップページ | 04/25 【読】 「マッキンゼー式最強の成長戦略(パトリック・ヴィギュエリ、スヴェン・スミット、メルダッド・バグハイ、エクスナレッジ) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 04/24 【読】 「小暮写眞館(上)(宮部みゆき、講談社文庫)」:

« 04/24 日々雑感 | トップページ | 04/25 【読】 「マッキンゼー式最強の成長戦略(パトリック・ヴィギュエリ、スヴェン・スミット、メルダッド・バグハイ、エクスナレッジ) »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ