« 04/16 【読】 「エリア51〜世界でもっとも有名な秘密基地の真実〜(アニー・ジェイコブセン、太田出版)」 | トップページ | 04/19 【聴】 Music for Robot EP / Squarepusher, Warp|Beat(BRE-49) »

2014年4月17日 (木)

04/17 日々雑感

万年筆が欲しいのであります。

会社では、常日頃からフリクションボール(赤・添削用)と、3本の芯が入っているボールペン(黒・赤・青・証票用)を使っています。ただ、フリクションボールを使っていると「いつでも書き間違いを訂正できる」という安心感から、あまり考えずにペンで書き始めるクセがついてしまったような気がするのですね。多少ヘタに書いても直せると思ってしまうと、とりあえず書いた後で、消したり書いたり、紙の上で推敲を始めてしまいます。いいたいことを頭の中で整理し、頭の中で文章としてまとめ、訂正することなく美しい文字で書き連ねる―――という訓練を怠っていたせいか、たとえばこのテキストをPC上で打ち込んでいても、また会社でMS-Word相手に文章を書いていても、すっきりとした文章をしたためるのに非常に時間がかかっているように思います。

会議の席で、フリクションボールで書き損じた文字や図形をノートからごりごりと消しているのに気付いて、「ああ、おれなにやってんだろ、なに体裁をとりつくろってんだろ」と思ったこともまた、万年筆を使おうと思った理由の一つ。

四捨五入すれば50歳、もう一声四捨五入すれば100歳にもなるいいオヤジが、保険会社の代理店の名前が入ったボールペンを使っているのも、なんだか恥ずかしいような気もしていました。

以前、デパートの文具売り場でふと試し書きした万年筆の書き味の軽さに驚いたこともありました。

高級なものでなくともよいので、自分に合った筆記用具がないかなと思い万年筆のことを考え始めた次第です。

--

調べてみると、万年筆メーカは海外の有名どころでモンブラン、パーカー、国内ですとセーラーやパイロット、プラチナ万年筆などがあるそうです。海外はそのほかにもシェーファーやウォーターマン、デュポン、アウロラ、デルタなどのメーカがあって、どれも定評があるとのこと。なかでもパーカーは、インジェニュイティというシリーズに人気があるそうです。ペン先の硬さや柔らかさ、重さ、デザインやリフィルの手に入れやすさなどを勘案し、試し書きで最終決定したいところですね。

そういえば以前も、万年筆が欲しいと騒いだんだったな。
今度は以前に比べれば、非常に真面目に欲しいですね。

« 04/16 【読】 「エリア51〜世界でもっとも有名な秘密基地の真実〜(アニー・ジェイコブセン、太田出版)」 | トップページ | 04/19 【聴】 Music for Robot EP / Squarepusher, Warp|Beat(BRE-49) »

雑談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 04/17 日々雑感:

« 04/16 【読】 「エリア51〜世界でもっとも有名な秘密基地の真実〜(アニー・ジェイコブセン、太田出版)」 | トップページ | 04/19 【聴】 Music for Robot EP / Squarepusher, Warp|Beat(BRE-49) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ