« 03/10 【読】 「ジャズのある風景(山中千尋、晶文社)」 | トップページ | 03/13 【読】 「屍者の帝国(伊藤計劃・円城塔、河出書房新社)」 »

2014年3月11日 (火)

03/11 日々雑感

2011年3月11日に発生した東日本大震災から、もう3年が経ってしまいました。

震災当日、亭主は職場に居りました。
当時地震が頻発していたので、14時46分、揺れが始まったときはあまり気にしていませんでした。ところが、いつまでたっても揺れが収まらないばかりか、時間が経つうちにどんどんと揺れが強く、激しくなり・・・

気がつけば関東・東北に大きな被害をもたらしていたのでした。

停電、断水、そして道路の寸断。あらゆる物資が不足し、水や食料、燃料をもとめて奔走する日々が続きました。
亭主の家は幸いにも大きな被害がなかったのですが、海岸沿いの家は津波に襲われ、また古い家の多くは倒壊・半壊してしまいました。

そして、原子力発電所の事故。

今も多くの人たちが、住む家を失い、故郷を追われ、また大事な家族を失った悲しみを背負いつつ暮らしています。

--

震災が起きて最初の夜はとにかく寒く、たびたびやってくる余震にびくびくしながら、夜が明けるのを待っていました。

今日よりも明日。死なない限り朝はきっと来る。明日は、今日よりマシな日になるだろうと信じて耐えていました。

震災から3年経った現在も辛い日々を送っている皆さんに対して、「明日は、今日よりもマシな日になる」などと言ったところで、気休めにならないことは充分に承知しています。原発の問題は一向に解決せず、震災の保障も復興もままならず、大事な家族は失われて戻ってこないことは充分にわかっているつもりです。

ですが、それでもやはり、「明日は、今日よりもマシな日になる」と信じていたい。どんな絶望の中でも希望を捨てず、辛いときは心を閉ざし感情を押し殺してでも前へと進む作業をしてさえいれば、きっと明日は、今日よりもよくなっていくと信じています。

とりあえず今日はお休みなさい。

明日はきっと良い日になりますよ。

« 03/10 【読】 「ジャズのある風景(山中千尋、晶文社)」 | トップページ | 03/13 【読】 「屍者の帝国(伊藤計劃・円城塔、河出書房新社)」 »

雑談」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 03/11 日々雑感:

« 03/10 【読】 「ジャズのある風景(山中千尋、晶文社)」 | トップページ | 03/13 【読】 「屍者の帝国(伊藤計劃・円城塔、河出書房新社)」 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ