« 01/01 謹賀新年 | トップページ | 01/02 帰省に際しての移動手段について »

2014年1月 1日 (水)

01/01 日々雑感

Facebookはなぜ衰退したのか?そしてこれからのSNSとは?(GIGAZINE)

今やSNSの中心となったFacebookですが、欧米では10代のFacebookユーザーが離れ、メッセンジャーアプリに移行している兆候が見られるという報道がされ、2013年の第3四半期にはアメリカにおける10代のアクティブ・ユーザーが第1四半期に比べ16%減少、オランダでは52%減少したと言われています。
言うまでもなく私企業のサービスには必ず終わりがあり、また人の嗜好に移り変わりがあるのが世の習いです。サービスとして結晶化した感のあるmixi、衰退しつつあるFacebookを例に挙げるまでもなく、あらゆるサービスやプラットフォームはいずれ終焉を迎えるわけで、大事なのはそんな中で自分がどうあるか、これまでの自分の蓄積したものをどう未来へと継承していくか、それに尽きると思っています。

亭主自身まだmixiの会員であり、FacebookやTwitterにもアカウントがあって、それなりに活動はしているのですが、mixiにせよFacebookにせよ、またTwitterにせよ自らのコンテンツを蓄積するほどにサービスに信頼を置いていない、というのが正直なところです。mixiには一時期エッセイらしい日記を書いていましたが、度重なる会員規約の改悪に嫌気がさしてコンテンツを全て引き上げましたし、Facebookは「いいね!」要員に徹していて、よほどのネタが無い限りは自ら記事をアップロードすることはありません。Twitterは良かれ悪しかれ流行りモノであって、永続的にコンテンツを蓄積する場所ではありません。そのほかMovable Type, Wordpadなどにもコンテンツを上げていますが、こちらはまだまだ様子見の段階。テキスト形式でバックアップが取れれば、他への引越しもできるだろうと考えています。

個人的に一番信頼がおけるのは「ホームページ」と「htmlによるコンテンツ作成」と考えていて、この思いは「Plannet」解説当初より一切変わっていません。おそらくこれからも、コンテンツは全て自らのPCに保存・蓄積し、必要に応じてホームページにアップしていくものと思います。

ホームページというホームグラウンドがあるからこそ、サービスやプラットフォームの栄枯衰勢に惑わされること無く、足に地をつけて活動し続けられる。

そもそもこのサイトを立ち上げた当時はそんなことなど考えてもいなかったのですけどね(^^;)

結果的に磐石になっちゃいましたね。

« 01/01 謹賀新年 | トップページ | 01/02 帰省に際しての移動手段について »

雑談」カテゴリの記事

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 01/01 日々雑感:

« 01/01 謹賀新年 | トップページ | 01/02 帰省に際しての移動手段について »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ