« 08/03 【聴】 Chewed Corners / μ-Ziq, Planet Mu(MBIP-5525) | トップページ | 08/06 2007年3月19日の会話より »

2013年8月 5日 (月)

08/05 日々雑感(以前に購入したHGSTの1TBのSATA-HDDの件)

以前に購入したHGSTの1TBのSATA-HDDの件。
購入当時に、マザーボードのSATAインターフェースに接続したところ物理的には認識しているものの初期化に失敗し、どうやら1TBのハードディスクはうちのPCにはつながらないようだという結論に達した亭主、勿体無いとは思いつつもHDDそのものを放置しておりました。

昨日ふと思い立ち、PC-DepotでSATAをUSBに変換するハードディスクケースを購入しましてUSBから再度アクセスを試みたのですが、やはり物理的に認識はするものの初期化には失敗。SATAだけでなく、USBでもディスクは読めないのだなぁとコトの根深さを痛感した次第です。

ちなみに現在所有しているPCはSycomのRadiant GX1000BP。2006年12月10日に購入したもの。当時のスペックは以下のとおりとなります。

CPU : Intel Core2Duo E6700 [2.66GHz/L2 4MB/DualCore/FSB1066]
MOTHER : GIGABYTE GA-965P-DS4[Intel P965 chipset+ICH8R/GigabitLAN]
MEMORY : 2048MB DDR2-SDRAM PC4200[1024MB*2枚]
HDD : Seagate ST3120811AS [120GB 7200rpm 8MB S-ATA2 流体軸受]
CDROM : DVD-RAM/±R/RW;LG GSA-H10N(OEM)+ソフト
VGA : nVidia GeForce7600GS 256MB ファンレス(ASUS製)
CASE : Inwin IW-C588 Silent460(黒) [Inwin製460W電源搭載]
OS : WindowsXP Professional(SP2) OEM

現在は

MEMORY : 3GB
HDD : PLEXTOR PX-256M6P [SSD, 256GB]
HDD : Hitachi HDP725050GLA360 [512GB]
VGA : nVidia GeForce 9600GT
OS : Windows 7 Ultimate

に換装しまして、快適に稼動しております。それにしても7年前のPCのスペックが、現在でも充分に使えているというのは意外ですね。肥大化を続けていたOSやオフィスソフトがここにきてスリムになってきているからでしょうか。

さてさて、このPC、なぜ1TBが使えないのかとGoogleさんの検索結果をわりと真面目に見てみたのですが、某FAQに1Tのハードディスクが32MB(キャッシュ分)しか見えないという報告程度で問題として大きく取り上げられてはいませんでした。対策らしきものもなく、Seatools(Seagateのハードディスクメンテ用ツールなので当方は対象外)を使えとか、BIOSをF13にせよとか(現在F12で止まってますからβ版なのかな?)、IntelのチップセットとHGSTの相性問題なのでIntelからパッチがでるのを待てとか(パッチは結局出ていないようです)様々な情報が飛び交っています。1TBのハードディスクが世に出たのが2007年、普及価格帯まで降りてくるにはしばらく時間がかかったと思われます。とはいえこのマザーボードが世に出た段階で1TBという容量を想定していれば、このような問題も起きなかったのかもしれません。

http://itpc.blog87.fc2.com/blog-entry-6.html

途方にくれていたところ、幾つかのサイトを経由しまして上のリンクを発見。捨てる神あれば拾う神ありといいますが、別のSATAカードを購入してカタが付くならばそれが一番手っ取り早い方法と思われます。リンク先ではVIAのコントローラチップとHGSTのハードディスクの相性問題についての対策ですが、亭主のマザーボードに搭載されているハードディスクのコントローラチップがバイパスできれば、相性問題も解決するかもしれません。

もっとも、亭主がSATAのハードディスクを増設したいのは、現状のユーザディスクが4年目を迎えそろそろクラッシュが近づいているような「気がする」ため。「気がする」と根拠に乏しいことを言っているのは、あくまでも経験上、ハードディスクの耐用年数を2年と仮定しているからです。2年を過ぎたハードディスクが壊れた例を亭主自身多く知っていて、もうそろそろ現有のハードディスクも故障するだろうと、うすうす感じているのです。

無理やりディスクを増設せずとも現状のユーザディスクを交換すればよかろうと思うのですが、日々増えていくユーザデータ(ほとんどはiTunesで取り込んだ音楽データです)を管理するにはそれなりの容量が必要で、しかも失われればダメージの大きいものばかり。

データを永続的に管理するならばSSDも捨てがたいですが、そもそも容量が乏しいのでNASかなぁ、でもNASだと今のPCで見られるのかなぁ。

ぼんやりと思いつつ、まだまだ考えのまとまらない亭主でありました。

« 08/03 【聴】 Chewed Corners / μ-Ziq, Planet Mu(MBIP-5525) | トップページ | 08/06 2007年3月19日の会話より »

雑談」カテゴリの記事

PC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 08/05 日々雑感(以前に購入したHGSTの1TBのSATA-HDDの件):

» 10/26 東芝ポータブルハードディスク CANVIO HD-PB10TK [続・新どむや繁盛記]
HGST製の1TBytesハードディスクが認識しない件、あれからいろいろと調べまして、2013年8月5日のブログで報告したように、どうやらHSGTのハード... [続きを読む]

« 08/03 【聴】 Chewed Corners / μ-Ziq, Planet Mu(MBIP-5525) | トップページ | 08/06 2007年3月19日の会話より »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ