« 07/27 日々雑感 | トップページ | 07/29 【聴】 Lucky / Towa Tei, Mach|Warner(WPCL-11516) »

2013年7月28日 (日)

07/28 【読】 聞く力〜心をひらく35のヒント〜(阿川佐和子、文春新書)

「聞く力〜心をひらく35のヒント〜(阿川佐和子、文春新書)」

キャスター、小説家、エッセイストとして活躍。現在は「TVタックル」の司会のほか、雑誌やTV「サワコの朝」で多くの著名人たちと対談を重ねる阿川佐和子さんの、自身初となるノウハウ本。2012年の新書年間ベストセラー第1位、売り上げは100万部を突破したとのこと。

1000人を超える対談歴、30回以上のお見合い歴から、自身が体得してきた「対談の極意」を多くの体験談とともに紹介したのが本書となる。対談にて著名人が見せた意外な一面、対談での愉快なエピソードを絡めた内容は、彼女独特のお茶目な文体もあいまってドタバタ劇のように楽しい。ノウハウ本のように見えて、自身のエッセイであったり、有名人の暴露話であったりと肩肘の張らない構成が面白い。一方で、「対談の極意」なるものが体系的に、網羅的に書かれているわけではないので、速読などでなかば事務的に情報を取り込みたい人には、無駄だらけの文章とも読めるかもしれない。実際、ハナシはあっちへこっちへ、まるで小鳥が餌をついばむように飛び回り、時に脱線してそのまま帰ってこなくなったりもする。このドタバタ感を楽しめるか、楽しめないかで本書の評価は大きく変わると思われる。

なお本書において、「聞く力」とは、いわゆる「傾聴(=よく耳を傾ける)」ことにとどまらない。相手をいかにしゃべる気にさせ、思わぬエピソードを引き出し、気分よく対談を終えるための彼女自身の工夫が「聞く力」となる。数多くの失敗談や、対談に対する苦手意識などのマイナスをいかにプラスとして自分の血肉としていくかもまた本書の大きな注目点。けして話題豊富でも博覧強記でもない彼女が、ひとくせもふたクセもある対談者に喰らいついていくか、ワクワクしながら読みたい。

« 07/27 日々雑感 | トップページ | 07/29 【聴】 Lucky / Towa Tei, Mach|Warner(WPCL-11516) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 07/27 日々雑感 | トップページ | 07/29 【聴】 Lucky / Towa Tei, Mach|Warner(WPCL-11516) »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ