« 07/06 【聴】 Audinst HUD-mx2 | トップページ | 07/10 【聴】 Borderland / Juan Atkins & Moritz von Oswald, Tresor(Tresor.262CD) »

2013年7月 9日 (火)

07/09 【聴】 Audinst HUD-mx2 (追記)

AudinstのDAC、HUD-mx2について、数あるDACからなぜこれを選んだのかを補足しますと

(1) ボリュームコントローラがある

 真空管アンプのボリュームが安定しないこと、もともと真空管アンプのボリュームの使い方として音量最大の位置で固定し、プリアンプで音量を調整していたことから、プリアンプとしての機能、特にボリュームコントローラは最優先で必要でした。

(2) RCA(アナログ)出力がある

 プリアンプとしての機能という意味ではこちらも必須。真空管アンプと接続するためのアナログ出力があることが購入の条件でした。

(3) 入力がUSB, Opticalの2系統あること

 USBはPCとの直結に必要。Opticalは将来的にDDCと組み合わせる(たとえばhiface Evo)ことを考えています。

(4) 対応サンプリングレートが幅広いこと

 カタログによれば、対応するサンプリングレートが16/24bit, 44.1/48.0/88.2/96.0/176.4/192.0kHzと幅広く、拡張性、他の機器との相性の点で自由度がありました。

 特に(1)〜(3)について、機能を満足し店頭即渡しだったDACが、HUD-mx2と、FostexのHP-A3でした。店員さんによればどちらも良いDACには違いないものの、Fostexのほうはヘッドフォンアンプに特化したつくりをしており、プリアンプとしての用途ならばAudinstをオススメするとのことでした。値段も手ごろですし、デザインも気に入りました。

 最初は候補としてAudiotrakのDr.DACシリーズも考えていたのですが、デザインがいまひとつ気に入らず(なんかアニメなんかにありそうなカラーリングですよね)、DACを買いにいこうと思いつつなかなか手が出ませんでした。

 音質は大事。でも、大人が使うのですからデザインも同じくらい大事なのでした。

(5) デザインが良いこと

« 07/06 【聴】 Audinst HUD-mx2 | トップページ | 07/10 【聴】 Borderland / Juan Atkins & Moritz von Oswald, Tresor(Tresor.262CD) »

聴(硬)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 07/09 【聴】 Audinst HUD-mx2 (追記):

« 07/06 【聴】 Audinst HUD-mx2 | トップページ | 07/10 【聴】 Borderland / Juan Atkins & Moritz von Oswald, Tresor(Tresor.262CD) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ