« 12/27 【読】 「語源で楽しむ英単語-その意外な関係を探る-(遠藤幸子、生活人新書)」 | トップページ | 12/30 【聴】 Out on the Fault Line / The New Master Sounds, P-Vine(PCD-93595) »

2012年12月28日 (金)

12/28 巡礼の日々

少し日にちがあいてしまいました。すみません。

独身時代は、毎週CD店と、電気店、オーディオ店、それに本屋をめぐるのが趣味でした。

もちろん中古店も含みますからBook-Off 、Hard-Offもその中に含まれました。

近くは水戸、遠くは土浦、柏、宇都宮あたりまで、思いつくままにぐるぐると回っていました。

福島に足を運んだこともありましたが、不確実な情報(いわゆる知り合いからの又聞き)のまま行ったため、よくわからずに帰ってきた、というのが実態で、その後はあまり行かなくなったのですが。

毎週違う場所を巡っていましたが、店に並ぶ品物というのはそうそう入れ替わるものでもなく、いわゆる掘り出し物、探しているものが早々見つかるわけでもありません。

淡い期待とともに店に入り、ああ、今日も欲しいものはなかった、心を動かされるものはなかったと軽い失望、軽い安堵感とともに店を出る。日々がその繰り返しでした。

なにか目的があるわけでもなく、欲しいものがあるでもなく、ひたすらに車を走らせ、店に入り、出るという行動の繰り返し。「買い物」という本来の行動、行動の意味は失われ、目の前にない「何か」を探す日々はある種の巡礼のようでありました。

ではどれほどのものが、巡礼の結果得られたのかといえば、これがほとんど「無」に近く。

むしろその旅程、行く先々で見る光景や、流れゆく風景にこそ得るものがあったように思います。

結婚してこの巡礼は終わったのですが、今でも様々な光景、風景は心の中に残っていて、時々思い出してはそのときのことを懐かしんでいます。

 

« 12/27 【読】 「語源で楽しむ英単語-その意外な関係を探る-(遠藤幸子、生活人新書)」 | トップページ | 12/30 【聴】 Out on the Fault Line / The New Master Sounds, P-Vine(PCD-93595) »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 12/27 【読】 「語源で楽しむ英単語-その意外な関係を探る-(遠藤幸子、生活人新書)」 | トップページ | 12/30 【聴】 Out on the Fault Line / The New Master Sounds, P-Vine(PCD-93595) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ