« 11/03 【聴】 Afrodita / Tokyo Zawinul Bach, Airplane(AP-1048) | トップページ | 11/13 【読】 「ほんとうの親鸞(島田裕巳、講談社現代新書)」 »

2012年11月11日 (日)

11/11 【動】 第22回坂東市いわい将門ハーフマラソン大会

茨城県県南の坂東市にて開催された題記大会に参加してきました。
天気予報では雨も心配されていたのですが、ほぼ一日にわたってうす曇の天気。
暑からず寒からず、風もないという絶好のコンディションの中、過去最高7827人のランナーが健脚を競いました。

種目は、車いす、ハーフマラソン、10km, 5km(一般)、5km(中学生)、3km(小学生)、親子ペアの部の7種目。特に亭主の出場したハーフマラソンは、岩井市のメイン商店街をスタートに、のんびりした田園地帯を抜け、利根川の広大な河川敷をとおって陸上競技場を目指すコースとなります。全体的に工程差が5m以内と少なく、また難所と呼ばれる場所も比較的少ない(笑)ということで走りやすいレースとして評判なのだとか。

亭主自身は、平日はほとんど走れていなかったものの、土日あわせて30kmのランをこなしておりまして、この日もまあまずまずのコンディション。大会ということでは先日の手賀沼以来2週間ぶりとなりまして、徐々に調子は上がっておりました。

結果は・・・といえば、手賀沼にくらべてタイムは11分短縮(グロス。いや手賀沼はスタートの号砲があっても全然列が前に進まなかったので実際は6分くらいですか)。4700人がエントリしたなかで、おおよそ真ん中より少し前の順位でゴールすることができました。もちろん自己ベストを更新。これまで亭主、順位はといえばせいぜい真ん中より少し後ろが多かったため、このタイム短縮は個人的にかなりうれしいものでした。

それにしても今大会、「走りやすい」という評判どおり、非常に快適に走ることができました。ゆるやかな傾斜が続くコースとなっているため、特に上りを練習してきた亭主にとってはとても楽。難所と呼ばれる、他のランナーがつい歩いてしまいそうな後半のポイントも鼻歌混じりで上ることができました。いや実際、日立の海岸沿いのコース走ってたらちょっとした坂なんかは平坦と一緒ですよ。実際。

途中、近隣の皆さん、ボランティアのスタッフの皆さんから多くの声援をいただきました。また他のランナーの皆さんの激走がなければ、実力以上のペースを維持することはできませんでした。

本当にありがとうございました。

会場では、福祉施設の方が作ったというカレーパン(おいしかった)と、将門煎餅を購入しました。
お餅と、トン汁も食べたかったのですが・・・こちらは大行列ができていて、断念。



« 11/03 【聴】 Afrodita / Tokyo Zawinul Bach, Airplane(AP-1048) | トップページ | 11/13 【読】 「ほんとうの親鸞(島田裕巳、講談社現代新書)」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11/11 【動】 第22回坂東市いわい将門ハーフマラソン大会:

« 11/03 【聴】 Afrodita / Tokyo Zawinul Bach, Airplane(AP-1048) | トップページ | 11/13 【読】 「ほんとうの親鸞(島田裕巳、講談社現代新書)」 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ