« 05/22 【聴】 Winterreise / Atom TM, Raster Norton(R-N 140) | トップページ | 05/29 モバイル環境を考える »

2012年5月26日 (土)

05/26 【聴】 Eight Classic Albums / Modern Jazz Quartet, Real Gone Jazz(RGJCD256)

IMAGE
1952年、ビブラフォン奏者Milt Jacksonによって結成。John Aaron Lewis(ピアノ)、Percy Heath(ベース)、Kenny Clarke(ドラム―――のちにConnie Kayへと交代)の4人編成によるジャズ・バンド、Modern Jazz Quartet(MJQ)の作品を集成した普及版アルバム。全4枚、980円。Tower Records池袋店のレジ前にあるワゴン・セールにて購入した。なおこのシリーズはほかにも大量にリリースされているそうで、John Coltrane, Sun-Ra, Sonny Rollinsなどジャズの巨人たちの複数作品がBox-Setとしておおよそ1000円前後で入手できる。

まず断っておかなければならないのは、亭主自身MJQの作品を買うのはこれが初めてであり、MJQに対する予備知識は皆無である点。もうひとつ、本作を購入した動機はずばり「激安Box-Set」への興味と好奇心である点。MJQについての解説、あるいは本Box-Setの解説は、リンク先の三島ゆかり氏のレビューが大変解りやすいので参考にされたい。MJQの代表作である"Django", "Concorde", "Fontessa"及び"Pyramid"、Sonny Rollinsとの共作、サウンドトラック、どこやらでのライブ録音など8枚分のアルバムが、無造作に4枚のCDに放り込まれている。解説らしい解説がなく、しかも収録曲の説明も間違いだらけ、音質も当てにならないと実に「ずさん」なアルバムだそうだ。

MJQ初心者の亭主、まずは彼らの作品の雰囲気を・・・ということでつらつらと聴いている。以前よりビブラフォン奏者Gary Burtonの楽曲を好んで聴いていたためヴァイブの楽曲は大好物、しかもスタンダード/クラシックなナンバーが多く、非常に楽しめた。Disk 1後半の"An Exceptional Encounter (with Ben Webster)"はどこかでのライブ録音、S/Nも録音レベルも低く、しかも背後で観客が声援を上げているなど条件は極めて悪いものの、エアチェックと思えばそれなりに楽しい。ずさんながらも、MJQの良さは端々に垣間見える。本Boxが各アルバム購入の動機付けとなるならば、本作を購入する価値はそれなりにあるのかもしれない。

もっとも、本Box-Setに各アルバムを購入しようと思い立つだけの工夫、たとえば圧倒的な高音質とか作品の詳説、各アルバム購入へと誘導しようとするための様々な工夫があればの話なのだけれど。(2012.05.10) 

« 05/22 【聴】 Winterreise / Atom TM, Raster Norton(R-N 140) | トップページ | 05/29 モバイル環境を考える »

聴(軟)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 05/26 【聴】 Eight Classic Albums / Modern Jazz Quartet, Real Gone Jazz(RGJCD256):

« 05/22 【聴】 Winterreise / Atom TM, Raster Norton(R-N 140) | トップページ | 05/29 モバイル環境を考える »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ