« 02/28 一歳に、なりました | トップページ | 03/10 もうすぐ一年 »

2012年2月29日 (水)

02/29 「旅のチカラ-幸せの国で、聖なる踊りを-USA(EXILE) ブータン王国」を見て

2月14日にBSプレミアムで放送された「旅のチカラ-幸せの国で、聖なる踊りを-USA(EXILE) ブータン王国」の録画を、一人遅い夕食を摂りながら、見ました。
「EXILEが出ると聞いて録画したんだけど、いい番組だったから」と妻がオススメしてくれたものです。

EXILE結成当初からのメンバーであるUSA(うさ)さんが、幸せの国と呼ばれるブータンでチャムという神聖な踊りに挑戦する、というもの。芸能人が海外に行って見聞を広める―――といったありきたりな内容ではなく、EXILEのメンバーとして人生の絶頂期にあるはずのUSAさんが持つ不安や孤独感、普段隠されている内面を深く掘り下げた構成に、亭主自身深い感銘を受けました。

--

番組によれば、チャムとは、チベット仏教に伝わる神聖な踊りなのだそうです。神の仮面を被った踊り手が、神と一体となって見ている人たちの不幸(悪魔)を払い、幸せへと導く踊りがチャムなのだとか。30分にもわたって複雑なステップと動きを続けるチャムをなんとか体得しようとするUSAさん、たった3日の猛特訓で、果たして人々を幸せにさせることができるのか―――。

--

ドキュメンタリーの続きはNHKオンデマンドに譲りますが、この番組を見た亭主、考えさせらる部分が多々ありました。

幸せとは何か。どうすれば幸せになれるのかと考えている人は多いと思います。ですが、この番組を見て気付いたのは、ブータンの人々は、幸せになりたいとは決して思っていないのですね。番組中、彼らは家族や親戚、客人たちと一緒の時間を共有し、食事をしたり、語らうことに幸せを感じていて、幸せの源泉は必ず自分の外、他の人から与えられているのです。

幸せは他の人から与えられるもの。チャムの踊りにも同じことが言えそうです。チャムでは、観客は神である踊り手に不幸を払ってもらうことで幸せを感じるのですが、踊り手もまた、観客からの感謝の気持ちに幸せを感じてるのですね。幸せは他者からもたらされているという図式はここでも変わることがありません。幸せになりたい、と思うのではなく、相手から幸せを受け取り、また与えることによって、その瞬間、瞬間に幸せを感じている。瞬間というとなにか刹那的な印象を受けるかもしれませんが、「今幸せである」ことの連続が「常に幸せである」という実感に繋がっているように思いました。

翻って、日本に住む私たちは、未来に幸せを求めすぎなのかもしれません。だから決して今は幸せでない。

これは福祉とか、制度とか、法律の問題ではない。

--

本日、亭主がお仕事をお願いしていた派遣の方が、期間を満了されて派遣元へと帰っていかれました。

昼礼での挨拶、また書類整理がひと段落しての雑談のなかで、その方、しきりに「自分が仕事の足を引っ張ってしまったのではないか」ということを気にしていました。確かに、不慣れな仕事をお願いしたということもあっていろいろと大変なこともありましたが、その方がいなかったら仕事は全く進みませんでした。効率は悪かったかもしれませんが、誠実な仕事ぶりを亭主はとても信頼していました。

もし亭主が、派遣の方が帰るより前に、「旅のチカラ」を見ていたら、今の感謝の気持ちをもっと率直に述べていたことでしょう。もし亭主が率直に感謝の言葉を述べていたならばその方は、「自分が仕事の足を引っ張った」などと悔やむことなく、自信をもって、幸せの中に派遣元へと帰っていけたかもしれません。

そう考えると、亭主、まだまだ感謝の仕方が足りない、感謝の伝え方がつたない気がします。感謝するほどに幸せなのに、その幸せを相手に分け与えることが出来ていない。

踊りを終え、人々から感謝の言葉をかけられて満足そうなUSAさんを見ながら、他の人に、もっともっと素直に感謝を伝えられる人間になろうと、こころに決めた亭主でありました。

« 02/28 一歳に、なりました | トップページ | 03/10 もうすぐ一年 »

時事」カテゴリの記事

雑談」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 02/28 一歳に、なりました | トップページ | 03/10 もうすぐ一年 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ