« 01/18 【読】 " Natural Born Man; The Life of Jack Johnson(Mark Shapiro / blues interactions) " | トップページ | 01/30 【聴】 Magical Girls / Aprils, SSNW|Boundee(DQC-836) »

2012年1月29日 (日)

01/29 第60回勝田全国マラソン大会

参加してきました。
フルマラソンは、ホノルルが体調不良で走れなかったことを考えると実に1年ぶりとなります。
1年のブランクと、先だってからの膝の痛みを気にしながらの参加でしたが、結果はといえば(ブランクがあったことを考えれば)上出来過ぎ。タイムは平凡だったものの、42.195kmを快適に走ることができました。

今回気を使ったのは、とにかく「がまん」。元気があっても、多少前が渋滞していても、追い抜かしたりピッチを上げることなく、ひたすら地味にペースを守り続けました。もう今回は慎重に慎重を重ね(膝が痛くなる可能性、勝田で難関といわれる30km以降のアップダウンを気にしていたっということもあります)30kmまでは、いや35kmまでは、いやいや37kmまではひたすらペースを抑え、内側の筋肉(内転筋や腹筋背筋)のみを使い、歩幅を狭く走るピッチ走法に終始しました。37kmを過ぎ、徐々に周囲が遅くなり始めたところからペースアップ。身体の大きな筋肉(大臀筋やふくらはぎ)を使って大きく、スピードに乗った走りに切り替えて見ました。ゴールを前に、お疲れ状態のランナーたちを抜き去る爽快感はそれはそれは快適で(^^;)久々に楽しくフルマラソンを走ることができました。

マラソンが持久力のスポーツであること、各部分の筋肉の疲労や身体のスタミナをマネジメントするスポーツであることは以前から知っていたのですが、その効果をはっきりと実感できたのは今回が最初でした。

もちろん、勝田マラソン名物の豚汁や、応援の皆さんからの声援や差し入れもしっかり戴き、勝田マラソンの醍醐味を堪能することができました。途中高場で火事に遭遇したのにはおどろきましたが・・・いやマジで燃えてるだもん。

貴重品・荷物の預け入れに手間がかかったこと、完走後にひたすら寒かったのを除けば、ほぼ満足な大会でした。

応援の皆さん、ボランティアの皆さん、大会関係者の方々、そして一緒に走ったランナーの皆さん、本日はほんとうにありがとうございました。

また来年、勝田でお会いしたいですね。

« 01/18 【読】 " Natural Born Man; The Life of Jack Johnson(Mark Shapiro / blues interactions) " | トップページ | 01/30 【聴】 Magical Girls / Aprils, SSNW|Boundee(DQC-836) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 01/29 第60回勝田全国マラソン大会:

« 01/18 【読】 " Natural Born Man; The Life of Jack Johnson(Mark Shapiro / blues interactions) " | トップページ | 01/30 【聴】 Magical Girls / Aprils, SSNW|Boundee(DQC-836) »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ