« 11/29 【聴】 Audio Technica ATH-CM707 | トップページ | 11/30 【聴】10minutes Older / 菊地成孔 + Combo Piano, Sycamore|Ewe(EWSY005) »

2011年11月29日 (火)

11/29 【食】一蘭渋谷店(天然とんこつラーメン、東京都渋谷区)

20111129ichiran.jpg
本日東京出張。

打ち合わせの後、渋谷のハチ公口〜タワーレコード通り沿いにある天然とんこつラーメンの店・一蘭へ。九州を発祥として国内に展開するかなり有名なチェーン店とのこと。ラーメンを純粋に味わうため、個別に仕切られた座席でも有名かと。

とりあえず天然とんこつラーメンを注文。
今回は初めてということで、にんにくを抜きにした以外はすべて標準の味付けとした。

麺・スープともにいわゆる九州とんこつラーメンのそれ。ただし麺については標準でもかなりそぼそぼとしていて、ぶちぶちと短く切れる。茹で加減を変えたらいくらか良いのだろうが、コシはあまり感じられない。スープはほどよい濃さのとんこつスープ。濃度・旨みは標準的。麺、スープともに標準的で万人が好みそうな味・・・

・・・なのだけれど。

スープの中央にある赤い「秘伝のタレ」、これが辛い。

唐辛子ほか30種類の材料を調合して作ったタレなのだと言うが、これが実に辛く、スープを味わうどころではなかった。店内にある食べ方によれば、最初はこのタレをよけてスープと麺を味わい、徐々に溶かして楽しむそうだ。ところが亭主、うっかり最初からこれを混ぜて食べてしまったため、とにかく最初から最後まで辛さだけが際立った。そぼそぼとした麺、まったりとしたとんこつスープ、旨みも食感もノド越しも、その全てが辛味で台無し。標準の味付けとしたはずだったのに・・・と思ったのだが後の祭り。亭主自身決して辛いものが苦手でも、嫌いでもないのだけれど、これは失敗だった。

おそらく、このタレがなければ標準的な味わいの、ふつうに美味しいとんこつラーメンだったと思われる。このタレが標準だというならば・・・「辛いラーメン」という感想で終わりかも。

なぜこの味が受けているのかさっぱりわからないまま、店を後にした亭主でありました。

« 11/29 【聴】 Audio Technica ATH-CM707 | トップページ | 11/30 【聴】10minutes Older / 菊地成孔 + Combo Piano, Sycamore|Ewe(EWSY005) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11/29 【食】一蘭渋谷店(天然とんこつラーメン、東京都渋谷区):

« 11/29 【聴】 Audio Technica ATH-CM707 | トップページ | 11/30 【聴】10minutes Older / 菊地成孔 + Combo Piano, Sycamore|Ewe(EWSY005) »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ