« 08/21 【聴】 紫式部 源氏物語 / 細野晴臣, EPIC|SONY-GT(MHCL-1366) | トップページ | 09/05 【読】ダンゴムシに心はあるのか-新しい心の科学-(森山徹、PHPサイエンスワールド新書) »

2011年8月26日 (金)

08/26 【食】 麺ハウス(チャーシュー麺)

日立市中成沢町。茨城大学工学部近くにあるラーメンの店。
この日は茨城大学に出張だった。出張を終えて懇親会でアルコールの入った亭主、以前から気になっていた店に、寄った勢いで突入した。

茨城大学の近くにあるだけに、学生御用達のお店だろう、とは思っていたものの、その店構えからなかなか行く気になれないでいた。仲間内のラーメントークでもほとんど話題に上らないため「謎の店」として有名だったのだ。

店に入ってみると、夕刻ということもあり若者が5人ほど入っていて、なるほど学生向けの店。
あきらかに場違いなのに気後れしつつ、さて何を食べようと品書きを見ると

ラーメン 200円
タンメン 350円
味噌ラーメン 400円
チャーシュー麺 450円
ラーメンにご飯をつけると250円。

・・・チャーシュー麺を注文。

20110826menhouse.jpg麺はそぼそぼとした中華麺、分量は普通。スープはあっさりとしたしょうゆ味。ダシとして豚ガラを使っているのだろうか、とんこつスープのようなケモノ臭がする。あっさりすぎず、かといってこってりすぎずという実に微妙な味わい。もしこれが鶏がらあるいは魚系のあっさり・すっきり味だったら物足りなかったことだろう。チャーシューは(これが250円の価値かといえばかなり疑問に思えるのだが)とりあえず多めに乗っている。味は普通。世の中の、贅沢チャーシュー麺と比べれば圧倒的に質素だが、その質素ぶりがかえって懐かしくもある。

ちなみにこの店、鶏のから揚げ定食が名物というか、売れ筋のようで、それまで居た客、亭主よりもあとに入ってきた客も皆から揚げ定食を食べていた。

次来たときはから揚げ定食にしようかと思いつつ、こういう店は学生さんのために残しておくべきで、亭主の入る場所などどこにもないような、気が、した。

« 08/21 【聴】 紫式部 源氏物語 / 細野晴臣, EPIC|SONY-GT(MHCL-1366) | トップページ | 09/05 【読】ダンゴムシに心はあるのか-新しい心の科学-(森山徹、PHPサイエンスワールド新書) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 08/26 【食】 麺ハウス(チャーシュー麺):

« 08/21 【聴】 紫式部 源氏物語 / 細野晴臣, EPIC|SONY-GT(MHCL-1366) | トップページ | 09/05 【読】ダンゴムシに心はあるのか-新しい心の科学-(森山徹、PHPサイエンスワールド新書) »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ