« 08/17 【食】 麺屋ゆうき(のりラーメン) | トップページ | 08/26 【食】 麺ハウス(チャーシュー麺) »

2011年8月21日 (日)

08/21 【聴】 紫式部 源氏物語 / 細野晴臣, EPIC|SONY-GT(MHCL-1366)

IMAGE
アニメーション作品「紫式部-源氏物語」のオリジナルサウンドトラック。1987年、テイチクからエピック・ソニーへと移籍した細野さんが最初に手がけたアルバムとなる。雅楽をフィーチャーした、ビートのないアンビエントの作品。全12曲。全ての曲に源氏物語の帖の名前がつけられている。

実は亭主、学生時代にテープ版で本作を購入している。平安時代の舞台にしたアニメ作品・・・とのことだが、亭主自身は見たことがないので当時も今もさっぱりわからない。当時は、雅楽や能をイメージした曲調にいささかの退屈を覚えて、数回聴いただけでラックにしまっていたのだった。今改めて聞き返してみるに、どうやらアルバム「マーキュリック・ダンス」の延長線上にある、神道的あるいは修験道的な神秘性を全面に押し出したアンビエントというのが正しい解釈のようだ。歳を重ねたからだろうか、それとも作品の「実体」をある程度把握したからだろうか、それともアンビエントの楽しみ方を体得したからだろうか分からないけれども、緩やかな曲調の中に垣間見えるエキゾチズムがなんとも心地よい。全ての音がシンセでエミュレーションされている(つまり雅楽や能に使われる楽器は一切入っていない!)あたり、音色に対するこだわりは相当なものだ。

どこかの本で読んだのだけれど、細野さんは本作の製作に当たっては、言い方は悪いが「やるきなし」で取り組んだのだという。アルバムの内容について事細かに注文があってやる気を失ったとか、なんとか(ウロオボエスイマセン)だったと記憶している。なるほど、「源氏物語」という作風に沿うためとはいえ全体として起伏が少なく、良くも悪くもアンビエント的だったりする。20数年を経ての再発見とでもいおうか。面白い。(2011.08.09)

« 08/17 【食】 麺屋ゆうき(のりラーメン) | トップページ | 08/26 【食】 麺ハウス(チャーシュー麺) »

聴(軟)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 08/21 【聴】 紫式部 源氏物語 / 細野晴臣, EPIC|SONY-GT(MHCL-1366):

« 08/17 【食】 麺屋ゆうき(のりラーメン) | トップページ | 08/26 【食】 麺ハウス(チャーシュー麺) »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ