« 07/28 【聴】 A Wha' Him Deh Pon? / Dego, 2000Black(BLACKCD007) | トップページ | 08/05 帰省 »

2011年7月31日 (日)

07/31 【聴】 Celestial Vibration / Edward Larry Gordon(Laraaji), Universal Sound(USCD30)

IMAGE
民族音楽家、民族楽器奏者として、Laraaji名義での活動がことに有名。1980年にはBrian EnoのAmbientシリーズより"Ambient 3: Day of Radiance"をリリースしたほか、現在に至ってもコンスタントに活動を続けるEdward Larry Gordon (A.K.A. Laraaji)のファースト・アルバム。1978年リリース。Brian Enoをプロデュースに迎え、たった500枚プレスされたのみ、というレア・アルバム。亭主が購入したのは2010年8月に再発されたもの。

ドイツ南部・オーストリアなどで演奏される弦楽器、チター(Zither)を全面にフィーチャーしたアルバム。チターは、ハープや琴のように、複数の弦をかき鳴らすように演奏する楽器なのだそうだ。チェンバロを思わせる繊細な音、即興音楽を思わせる奔放な演奏、そして作品全体を包む空気感は、「アンビエント」と呼ぶにふさわしい風格を備えている。これが1970年代の作品なのだというから恐れ入る。

レア・アルバムとのことで市場では早くも高騰しているようだが、ディスクユニオンなどではまだまだ定価で購入可能。見かけた際にはぜひとも保護しておきたいアルバムのひとつ。(2011.07.19) 

« 07/28 【聴】 A Wha' Him Deh Pon? / Dego, 2000Black(BLACKCD007) | トップページ | 08/05 帰省 »

聴(軟)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 07/28 【聴】 A Wha' Him Deh Pon? / Dego, 2000Black(BLACKCD007) | トップページ | 08/05 帰省 »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ