« 07/22 【聴】 Power Drift Original Sound Track / SEGA, Wavemaster(WM-0648) | トップページ | 07/26 【聴】 Ambient Selections 1995-2011 / John Beltran, Delsin »

2011年7月25日 (月)

07/25 【食】 雷本店(雷そば)

20110725kaminari.jpg北松戸駅近く。松戸の人気店「中華蕎麦とみ田」の直営店。とみ田系列としては3番目の店になる。
ネットのお友達、真ん中さんが前日に食べに行った店だそうで。ぐうぜん翌日北松戸に出張となった亭主、話のネタにと立ち寄っている。

今回は雷そば(ラーメン)、普通盛りを注文。豚の背脂がたくさん入っているとのことで「脂少な目」と指定した。

--

ちなみに亭主、ここ3〜4年ほどラーメンから遠ざかっていて、食堂のあっさりしょうゆラーメンならばまだしも、このテのこってりしたラーメンは本当に久しぶり。ついでにいえば、今回のラーメンがいまどきの「何系」に属するのか、さっぱりわからない。昨今ならば「二郎」系に属するラーメンだろうか。その昔ならば「大勝軒」系と呼んでいたろうが―――なにしろブランクが長い上に、かつて大勝軒にまったく興味がなかった(何軒かは入った記憶があるが)ため、絶対的な評価ができないのがツラい。

乏しい経験と、過去のおぼろげな記憶とに照らし合わせつつのレビューになること、最初にお詫びしておきます。
スイマセン。

--

徹底的にダシをとった魚粉系の濃厚スープ、かるくウエーブして歯ごたえのある中太麺、茹でて盛られたもやしときゃべつ、そしてスープの底に沈んだ大量の背脂からなるラーメン。食べる際には、盛られた野菜がスープの中へ、反対に沈んでいる麺が野菜の上へとなるようにかき混ぜるのがお勧めなのだそうだ。素茹でした野菜がスープと絡んで味がつく一方、野菜の水分がスープへと染み出して濃厚スープが適度に薄まるあたりが(他の大勝軒系列のラーメンと同様の)工夫といえる。

個人的にはスープの濃さ・塩味の加減ともに良好。徐々に薄まりつつも最後まで飽きずに食べることが出来た。ぞばぞばした麺は特に美味。もう少し量が多かったらよかったかもしれない。食べ進むうちにスープの底に大量の背脂が顔を覗かせるが、食べるか、食べないかはお好みで。カロリーを気にする亭主は底に残ったスープともども残したけれど、背脂そのものの食感は悪くない。こってりといえば、巨大なロールケーキじゃなかった、チャーシューのボリューム感といったらない。もちろんこれも美味。

--

ちなみに真ん中さんによれば、食べた後口の中に化学調味料の味が残るとのこと。たしかに、舌の先がびりびりと痺れる感覚がしばらく残ってナルホド化学調味料っぽい(ぽい、というのは本当に化学調味料が入っているかは分からないため)。先ほどの背脂と同じく、気になる人には気になる味だろう。もっとも食べているときはそんなビリビリなど感じる暇はない。もりもり、ぞばぞばと一心不乱に食べるのみ。

亭主的には久々の大勝軒系ラーメンを堪能できて満足でした。
真ん中さん、紹介いただきありがとうございました。

« 07/22 【聴】 Power Drift Original Sound Track / SEGA, Wavemaster(WM-0648) | トップページ | 07/26 【聴】 Ambient Selections 1995-2011 / John Beltran, Delsin »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 07/25 【食】 雷本店(雷そば):

« 07/22 【聴】 Power Drift Original Sound Track / SEGA, Wavemaster(WM-0648) | トップページ | 07/26 【聴】 Ambient Selections 1995-2011 / John Beltran, Delsin »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ