« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月26日 (月)

07/27 草むしり

本日会社休み。一人でどこかに出かけようかとも思ったのですが、昼過ぎから頭が痛く、車で出かけたもののすぐに戻ってきてしまいました。暑いし、ちょっと疲れているし、気分的にも滅入っているし―――というわけで庭で気分転換の草むしり。

庭の雑草をむしっていると、(ヒマだからということもあるのですが)いろいろな事を考えさせられます。

SMAPの「世界に一つだけの花」という曲の歌詞に対して、某2ちゃんねるで「花屋の店先に並んでる時点でもうかなりのエリートなんだよ」といった人が居たそうです。ちょっとまてよ、もしかしたら雑草にも美しい花があるのではないか、私たちが見過ごしているだけなのではないかと考え、庭の一角に同じ雑草だけを選んで花を咲かせたことがあるのですが、

咲いた花は小ぶりなうえに色もぱっとせず、それを支える葉も小汚く、しかも散り際もぐだぐだとして潔くない

と実に残念な結果に終わったことがあって、なるほどこれが雑草かと納得した次第。花屋の店先に並んでいる花は、たしかにエリート中のエリート、人に見せるために作られてきた存在なのだなぁ―――

とか。

--

一方で、亭主の庭にはびこる雑草は、とにかく抜いても抜いてもしつこく伸びてきてキリがありません。とくにしつこいのがフキ、タンポポ、スギナ、ハマスゲなど。どれも根が深かったり、地下茎があったりで、除草も容易ではありません。この日は大工事になることを覚悟しつつ、スコップであちこち掘り返しては地下茎ごと除去して回りました。おかげで随分とすっきりしたわけですが、

地下深くまで張り巡らされた根っここそが、雑草の本質なのではないか

と考えると、「雑草」の強さはいわゆる繁殖力の強さなどではなく、「地下」に自らの世界を用意周到に構築している計画力の高さ、地上部分に少々のダメージがあってもびくともしない磐石さにあるのではないでしょうか。

よく、無名のスポーツ選手が試合前に「雑草魂でがんばります」などと発言していますが、彼らのどれだけが、雑草の計画力、磐石さを有しているのでしょうか。彼らが「無名」というだけで「雑草」という言葉を使っているのだとしたら、それは雑草に対して失礼な話だよなぁ―――

とか。

--

庭が狭いため、なるべく除草剤を使わずに、手作業で草をむしっています。雑草の生命力に敬意を払いつつ黙々と草をむしる亭主と、そんな敬意などお構いナシにあとからあとから生えてくる草のパワーバランスは、今のところ草の勝利といったところ。

これが除草剤を使っていたならば、考える事ももう少し違っていたかもしれません。
様々なことを学びながら、密かに草むしりが楽しみになっている亭主でありました。

2010年7月23日 (金)

07/23 山岡家日立東金沢店(醤油チャーシュー麺中盛・岩ノリ)

全国に猛烈な勢いで展開を続けている横浜家系ラーメンの店、山岡家が、日立市に2店舗目を出店した。国道245号沿の西側、近くに巨大なパチンコ屋。

20100723yamaokayakanesawa.jpg
店構え、食券システム、メニューなどは他の店と全く同じ。麺は横浜家系特有の極太麺で、ぞばぞばと豪快な歯ごたえが楽しい。スープは豚骨スープに醤油を合わせ、ラードをたらしたいわゆる「豚骨醤油」。今回は脂少なめで注文したが、それでもこってり感は味わえる。ラー油をスプレーしたネギ、限界を超えて厚いチャーシューなど、他の店舗より味・サービス・手際、どれをとっても格段に良い。本部から熟練スタッフが配属されているのだろう、やはり山岡家は新店舗に限る。6/5の滑川店以来、約一ヵ月半ぶりのラーメンを堪能した。

いやいや、なかなか良かったのではないでしょうか。

熟練スタッフが去った後、どういう味に変化していくのかが、今後のチェックポイント。
とりあえず半年、1年後にもう一度行って確認してみたい。

続きを読む "07/23 山岡家日立東金沢店(醤油チャーシュー麺中盛・岩ノリ)" »

2010年7月20日 (火)

07/20 マラソンバブル(つくばマラソンエントリ開始)

7/20につくばマラソンのエントリが始まったそうで。

なんでも定員12000人のところ、一日で9000人がエントリしたのだそうです。
残り3000人。エントリのためのサイト(RUNNET)が無茶苦茶重かった、とは妻のハナシ。

手賀沼エコマラソンでは、エントリ開始8時間で定員に到達していました。いくらジョギングブームが盛り上がっているとはいえ、この状況はどうかんがえても「バブル」です。不健全です。

世間では、大会に出たくても出られない人を「マラソン難民」などと呼んでいるそうです。振り返ってみると、2007年の第1回東京マラソン(定員3倍)が、マラソン難民発生の端緒だったのかもしれません。

ところで、現在の状況が「バブル」であったとして、この状況をどう正常な状態に戻していくかは、考えどころでもあります。亭主も

 ・ 地元の人が優先的に参加可能とする
 ・ 走行タイムなどで参加者を制限する
 ・ インターネットからの参加を取りやめ、自治体で直接申し込みをする

などひととおりの方策を考えてはみたのですが、残念ながら「大会に出たくても出られない」人を救済する方法にはたどり着きませんでした。結果的にますます不自由になるだけのような気がして、とりあえずペンディングの状態です。

一番いいのは、走る楽しみに目覚めた皆さんを、別の楽しみに目覚めさせることでしょうか。

カバディとか。

2010年7月17日 (土)

07/17 茨城県常陸大宮市 三太の湯

毎度お疲れの亭主であります。

土曜日は朝4:30に起床し、1.5時間ほどラン。
朝食を食べた後、旧山方町にある日帰り温泉施設「三太の湯」に行ってきました。

20100717santa01.jpg
無色透明のお湯はナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物泉とのこと。弱アルカリ性、少しぬるめのためいつまでも入っていられます。この日は三連休の初日でしたが、亭主が行ったときにはほとんど人がおらず、広い浴槽に3〜4人が点在するなかゆったりとお湯に浸かることができました。お湯のあとはお休み処を兼ねた食堂で、この辺名物の手打ちそばを食べています。コシが強く、野趣溢れる味わいはさすが地元産といったところでしょうか。

ちなみに下のデカブツは、この土地に古くから伝わる巨人伝説「三太」をイメージしたものとのこと。村人に代わって荒地を開墾してくれた、親切な巨人だったそうです。こういった伝説は茨城県内あちこちに点在しているようで、例えば「常陸国風土記」には大洗に居たとされる巨人「ダイダラボウ」、内原町に居たとされる大男、もともと一つの山であった筑波山を二つの山としてしまった「ダイダラボッチ」など、様々な伝説が残っています。時間があるときにでもフィールドワークを兼ねて訪ねてみたいと思っています。

20100717santa02.jpg関係ありませんが、ホンジャマカの石塚さんに似ていますね(^^;)

この日はお風呂、食堂のほか、施設内の売店で野菜を大量に購入しています。野菜価格高騰の折、きゅうりやなすなどが一袋100〜200円で買えました。

知名度はまだまだ低いようですが、ゆったりとお湯につかって疲れを癒せる、という意味ではなかなか良い温泉でした。

2010年7月10日 (土)

07/09 ラーメンばさらか黒崎店(チャーシュー麺、ネギトッピング)

北九州市は黒崎駅前、商店街アーケードの中にある九州とんこつラーメンの店。今回は特に予備知識を持たず、Google先生のオススメによりホテルに近い店としてここを選んだ。

あとで調べてみると九州ラーメンではなく、九州筑豊ラーメンの店なのだそうで。今回はチャーシュー麺ネギトッピングを注文した。
麺は九州とんこつラーメンに同じく、まっすぐな細麺。適度なコシと、かんすい独特の臭みがある。スープは白濁した豚骨スープ。とろみは少なく、やや透明。ねぎはわけぎだろうか、表面を覆っているがどっさりというほどではない。チャーシューは分量たっぷり。ただし非常に薄く、カップ麺のそれに近い。これに紅生姜を乗せて、いただく。

20100709basaraka.jpg麺のゆで方、スープの濃さなどどれもが標準レベル、いわゆる普通のとんこつラーメン。トッピングがもの足りないのはマイナス。チャーシューは枚数こそ充実しているものの非常に薄く、ネギも分量は多いものの歯ごたえに乏しい。スープを飲み干したあとに舌がびりびりとしびれたことなどを考えると、とんこつスープ以外の調味料に頼っているのだろうか。個人的にはチャーシューもネギもボリュームたっぷり、スープも豚骨だけでしっかりと濃い味に仕上げて欲しかったのだが・・・。

店を出ると、黒崎のアーケード街は文字通りシャッター通りとなっていて、先ほどのラーメンの味がより寂しく感じられた。

2010年7月 2日 (金)

07/02 昨今のハイファイスピーカに思う(2)

6/22のエントリにありました件、実は後日談がありまして、
Aさんが売った某ハイエンドスピーカ、早くもオークションに売りに出されているとのことでした。
どうもこのスピーカ、評判がよろしくないようです。

買って、売って、また買って・・・。価値を落とすことなく売り買いが続けられるのはネットオークションの利点なのでしょうが、その度に売りに出される、というのはあまり歓迎すべきことではないように思います。
結果的に、より多くの人に「自分の好みとは違うかも」と言う感想を広げているだけなのですから。

あまり価値が下がることなく転売が繰返されるという傾向は、Aさんの某ハイエンドスピーカに限らず、他の多くの現代スピーカも共通する傾向ではないでしょうか。頻繁にオークションに登場する、ということはそれだけ手放す人が多いことを意味します。手放す人が多いスピーカにいわゆる「オーディオ的な音質」を期待するのはもしかしたら無理な話なのかもしれません。

オーディオ的な音質を望むならば、最新スピーカよりも昔のスピーカ、特にアメリカでホームシアターが流行し始めた、2000年よりも前のスピーカを探すのが良いように―――個人的な皮膚感覚として―――思います。あくまで皮膚感覚としての話なのですが。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ