« 02/27 子犬通信 | トップページ | 03/01 子犬通信(2) »

2010年2月28日 (日)

02/28 かっぺらあめん(みそチャーシューめん、日立市金沢町)

本日妻が朝から不在・・・ということで、昼は外食となりました。
あまり遠くに出かける事ができず、近場である日立市金沢町のかっぺらあめんへ。
実はこのお店、どうやらチェーン店のようなのですが(日立市相田町にもう1件ある)、店構えといいメニューといい、どこか田舎な雰囲気が漂いています。なんといいますか、チェーン店によくあるシステマティックな部分が全く感じられないのですね。閑話休題。

前回はとんこつラーメンを食べて後悔していましたので、今回は味噌ラーメンを注文しました。

20100228kapperamen.jpg
麺は少し太めの縮れ麺、中華麺の独特の歯ごたえとつるりとした食感が楽しめます。スープは甘ミソ仕立て。少々の辛味(おそらくラー油)がアクセントとなっています。チャーシューは噛めばほろりと崩れる柔らかさ。その他具として(多くの味噌ラーメンに倣い)モヤシその他が入っていますが、こちらは添え物というかゲスト程度。

以前とんこつチャーシューめんを食べてがっかりしていた亭主、実は今回あまり期待していなかったのですね。まあ味噌ならば(醤油に比べたら)失敗は少なかろう、という消極的な理由でこのメニューを頼んだのですが、食べてみるとこれが実に美味しく、あっという間に食べてしまいました。決め手は、甘く仕上げた味噌のスープ。口に含むたびに、嬉しい不意打ちが舌を襲います。甘めの味噌を使ったメニューは他の店でも味わえるのですが、ここのは甘みがとっても自然で、心地よいんですね。ノド越しが良く、後味すっきり。縮れ麺にしっかりとスープが絡み付いてくるので、最後までスープの美味さを味わうことができました。

もっとも、こうスープが良いと、逆に麺にもう少しボリュームが欲しいところです。麺を多めに、具(もやしとニンジンいため)をてんこ盛りにしたら、さらに満足できるメニューとなったことでしょう。今のままですと麺の個性が弱いので、もう少し「ラーメン」を前面に押し出したほうが良いのではないかと。

日立市内に味噌味専門のお店は他にもありますが、これだけの味を供する店はまだまだ少ないと思われます。随分長く続いているお店です、ぜひこれからも続けていって欲しいものです。

« 02/27 子犬通信 | トップページ | 03/01 子犬通信(2) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 02/28 かっぺらあめん(みそチャーシューめん、日立市金沢町):

« 02/27 子犬通信 | トップページ | 03/01 子犬通信(2) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ