« 01/31 第58回勝田全国マラソン大会 | トップページ | 02/09 ニューヨークバーガー(マクドナルド) »

2010年2月 8日 (月)

02/07 村松虚空蔵尊で厄落とし

ことしが本厄の亭主、去年に引き続き、村松虚空蔵尊に厄落としにいってきました。

20100207muramatsu.jpg冷たい雨が降っていた昨年(たしか6月)に対し、今年はとはうってかわっての良い天気。昨年は私を含めて6人ほどしかいなかった本堂が、今年はおおよそ100人もいるでしょうか、大入満員となりました。調べてみるに、厄落としは新年?節分あたりにおこなうのが一般的なのだそうです。子供さんの受験シーズンと重なったこともあるのでしょう。

参道にはたこ焼き、わたあめ、クレープなどの出店が立ち並び、境内においても近在のお年寄りが名物の「福俵」を売っているなどなかなかの盛況。亭主は買わなかったのですが、福俵の中にはあられがはいっているそうです。話のネタに買ってくればよかったかな。

Wikipediaによれば、かつては大厄である数え年42歳に「初老の賀」で祝ったことから「初老」は40歳の異称なのだそうです。「初老」という呼び方はともかく、精神的にはもう少し成熟したい、人間的にはさらに格を高めたいと思っている今日この頃です。いえね、「悪の読書術」を読んだからというわけではなくて、それ以前にもずっと思っていたことですけれども。

亭主にも、少し背伸びをしてハイソな本を読む、そんな時代がありました。

いつから、自らの身の丈を自ら決めてしまったのか。自らの守備範囲を自ら決めてしまったのかと反省しきり。今の自分を捨て去ることなく、さらに高みへと乗り出す好奇心と向上心を持ちたいものです。

ともあれ、厄落としは無事に終了。
今年一年、無事に乗りきれるようにと部屋につくった即席神棚にお神酒を供える亭主でありました。


« 01/31 第58回勝田全国マラソン大会 | トップページ | 02/09 ニューヨークバーガー(マクドナルド) »

時事」カテゴリの記事

雑談」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 02/07 村松虚空蔵尊で厄落とし:

« 01/31 第58回勝田全国マラソン大会 | トップページ | 02/09 ニューヨークバーガー(マクドナルド) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ