« 10/17 加藤和彦さんが亡くなりました | トップページ | 10/18 トレイルラン »

2009年10月18日 (日)

10/18 かっぺらあめん(とんこつチャーシューメン、日立市相田町)

日立市相田町。国道六号線から一本海側の県道にあるラーメンと喫茶の店。
位置的にはライトオン、ホーマックの東側、あたりか。位置分かりにくくてスイマセン。
以前にも何度か訪問していたのだけれど、なぜかレビューが後回しになっていた。

自家製手打ち麺の店で、10年以上前から営業している。裏道に店を構えてはいるが人気は高く、お昼時にもなると店内はお客でいっぱいとなる。ラーメンのスープはしょうゆ、みそ、とんこつを用意。定食もある。名物は真っ赤な「地獄ラーメン」だそうだが今回はパスした。

20091018kappe.jpg
写真のとんこつチャーシューめんは、ごまの香りのとんこつスープに自家製麺とチャーシュー、というシンプルなもの。紅生姜などはなく、このままいただく。

こういってよいものだろうか、スープは「エースコックスーパーカップとんこつ味」によく似た味。香りといい、味といい、また飲んだ後の舌のぴりぴりするところなどもよく似ている。自家製麺のちぢれ具合もどことなく乾麺を思い出す。ただし歯ごたえ、舌触りはなかなか良く、さすが自家製麺といったところ。麺の ちぢれにスープがしっかりとからみつく。チャーシューもとろけるように柔らかくてうまい。ほかに具がまったくないだけに、このチャーシューは非常に貴重だ。

全体的には具がほとんどないため、もしチャーシューがなかったら非常に物足りないものになっていたに違いない。スープのみで食べさせるならば、まずスープから「スーパーカップ」の印象を消すことが先決だろう。カップ麺で食べられるものを、わざわざ店で食べたいと思う人はいないと思うのだ。食べた後に舌がぴりぴりとしびれる感覚も(この辺のとんこつラーメンにはよくある味ながらも)、化学調味料を思わせて印象としてはあまりよくない。

この店でしか食べられない、と思わせてくれるような味を切に望む。

« 10/17 加藤和彦さんが亡くなりました | トップページ | 10/18 トレイルラン »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 10/17 加藤和彦さんが亡くなりました | トップページ | 10/18 トレイルラン »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ