« 09/05 Movable Type 4.2導入しました | トップページ | 09/07 物欲―――NetWalkerは果たして買いか? »

2009年9月 5日 (土)

09/06 【聴】Lux JPX-10000ファーストインプレッション

しょうさんからお借りしたLux JPX-10000(現行は10000Rです)を少し試聴してみましたので、その感想を。

まず、Orpheus Two(プリ)とThree S(パワー)との間に接続し、バランス(Nordost Blue Heaven XLR)とアンバランス(Lux JPX-10000)とをトグルスイッチで切り替えたのですが、違いらしい違いをほとんど感じることができませんでした。断念。

ところが、Orpheus TwoとAccuphase DP-55V(CDP)との間に接続し、アンバランス(Nordost Blue Heaven RCA)とアンバランス(Lux JPX-10000)とを手作業で切り替えながら聞いてみると、JPX-10000の素性といいますか、音の特徴がなんとなく見えてきました。

(1) 全体的に広帯域で見通しの良い音
 これはBlue Heavenとも共通する傾向ですが、上から下まですんなり伸びていて、しかも透明度の高い、澄んだ音。しかも小音量をしっかりと再現してくれます。例えば"Waltz for Debby / Bill Evans"の背後に聴こえるカチャカチャという食事の音、人々のさざめきなど細かいところをしっかりと再生し、しかもそれがとても自然。S/Nの高さを実感させてくれる音、とでもいいましょうか。

(2) 高域、中高域の安定感
 これも"Waltz for Debby"を聴いていての感想になりますが、Blue Heavenでは不安定だったブラシの音が、JPX-10000では力強い、ストレートな音へと変貌しました。ふらふらと自信なさげだったブラシの運びが、突然意志を持ったかのように直線的になり、ざっ、ざっと力強く感じられます。

 もちろんどちらが本来の演奏で、どちらが正しい、というわけではありません。ジャズとして聴いた場合、力強い音が好ましい・・・というのも実は主観にすぎず、むしろ聴く側の精神状態、心理状態からどちらが好ましいか、なのでしょうね。個人的には力強いJPX-10000の音に惹かれつつ、微妙なゆらぎをもったBlue Heavenの音にもまた魅力を感じています。

 ところで、JPX-10000とBlue Heavenはその構造に大きな違いがみられます。JPX-10000はノンツイスト構造で6N導体、シールド付き。一方Blue Heavenはフラットケーブル構造で7N導体に銀皮膜処理を施していますが、シールドはありません。個人的な感覚としては、シールドの有無が音質を左右しているように感じていますが・・・果たして真相はいかに。

« 09/05 Movable Type 4.2導入しました | トップページ | 09/07 物欲―――NetWalkerは果たして買いか? »

物欲」カテゴリの記事

聴(硬)」カテゴリの記事

コメント

どちらも似た傾向のケーブルなのかもしれませんね。

我が家で感じたのは中域の太さと密度、静けさがそれまでのケーブルより上でしたので、迷わず導入となったのでした。

ただ、それまでのケーブルが非常に特徴的と言いますか
メリハリ優先の尖がった音でしたので、余計に差がついたようにも思います。

ま、テクニカの某ケーブルなんですけどね(笑)

お借りしておりますヽ(´ω`)ノ
またコメントありがとうございます。

中域の太さは確かに感じられましたね。
例えばピアノなどですと、芯がしっかり通って揺らがない。安心して聴けるんですね。
対するBlue Heavenですと、余韻が左右あるいは前後にパンして聴こえまして、やはり音として聞くならばJPX-10000のほうが圧倒的に安心を感じます。

テクニカも決して悪いことはないのですが、良くも悪くもS/Nのみを狙った音といいますか・・・。

もう少しお借りしましていろいろ聴きたいとおもいまーすヽ(´ω`)ノ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 09/06 【聴】Lux JPX-10000ファーストインプレッション:

« 09/05 Movable Type 4.2導入しました | トップページ | 09/07 物欲―――NetWalkerは果たして買いか? »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ