« 08/11 駿河湾沖の地震 | トップページ | 08/15 同窓会 »

2009年8月14日 (金)

08/14 長野県駒ヶ根市 福麟楼(台湾ラーメン)

中学校の同窓会のため、シブシブ帰省した亭主であります。

本日は移動日。懸念された中央道の渋滞も「11km」と表示された割には良く流れていて、ほぼ5時間で自宅に到着することができました。

昼は弟夫婦と父と、4人で駒ヶ根市の中華料理店・福麟楼へ。
亭主は「台湾ラーメン」(写真-480円)を食べております。

20090814fukurinrou.jpg

スープはひたちなかの一福飯店の「五香刀削麺」と同じく、シナモンの香りのするしょうゆ味。日本ではなかなか味わえない、「あっさり、草系」のスープです。麺は普通の中華麺。具はたっぷりのひき肉とニラと、タカノツメ。ラー油をたらして、ピリ辛味に仕上げています。麺のゆで方もさることながら、スープの味わいが絶品。五香刀削麺で親しんだ「草系」のスープを、長野県の、それも亭主の地元の近くで味わえるとは思ってもいませんでした。そういえば一福のママさんも台湾出身だったっけ。日本人では絶対に出せない味、とんこつ味や味噌味などとは一味違う味わいを体験してみたい人にはぜひおススメです。スープにたらしてある唐辛子の辛味、レンゲですくってもどんどんでてくるひき肉など、田舎にあって思いがけず満足できるラーメンでした。

ちなみにこの店、コストパフォーマンスが非常によく、お昼のランチ(チンジャオロース、かに玉、麻婆豆腐などの定食)はライス食べ放題、サラダ、デザート、から揚げ2個、漬物、スープなどをつけて880円。この日は定食を二つ、麺類を二つ注文して、合計2700円でした。メニューも多く、コース料理にはなんと北京ダックがついてくるそうです。

店内も中華風で雰囲気満点。ご家族で安心して食事の出来るお店でした。

このお店については、はじめての 信州 駒ヶ根日記(ayytkpraさん)でも紹介されていました。
チャーハンも確かに大盛りで、おいしそうでしたよ!

« 08/11 駿河湾沖の地震 | トップページ | 08/15 同窓会 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 08/14 長野県駒ヶ根市 福麟楼(台湾ラーメン):

« 08/11 駿河湾沖の地震 | トップページ | 08/15 同窓会 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ