« 08/05 近況報告 | トップページ | 08/14 長野県駒ヶ根市 福麟楼(台湾ラーメン) »

2009年8月11日 (火)

08/11 駿河湾沖の地震

8月11日午前5時7分、駿河湾を震源とするM6.6の大きな地震がありました。
静岡県の伊豆・中部・西部地域は震度6弱、亭主の実家のある長野県南部は震度3の揺れ。もともと東海地震の発生が予想されていた地域なので、ソレ(東海地震)との関連も懸念されたのですが、どうやらこの地震がソレというわけではなく、またソレに結びつく地震というわけでもないのだそうです。

むしろ亭主としては、日曜日の午後8時ごろに発生した、M6.9の地震との関連を心配しています。この地震は地下340kmというかなり深いところで発生し、北海道から中国地方まで、広い範囲に大きな揺れをもたらしています。深部での揺れがより浅い部分のひずみを刺激して、今回の地震につながったのではないか・・・亭主は地震の専門家でもなんでもないのですが、日曜日の地震になにか「いやーな」ものを感じています。

大きい地震は来たけれども、背後にさらに大きな地震が控えている。

専門家によって、近い将来、大地震の到来が予見されている―――と理解してもなお「いやーな」お話。

--

亭主はといえば、地震発生当初はもうグーグー寝ていまして、東京に所用で出かけていた妻のメールで地震発生を知りました。

昨日は豪雨、一昨日は地震、洪水に、日照不足。そうそう先月は竜巻もありましたっけ。なんだか随分過酷な状況が続いているようです。

天気予報で「観測史上最高の」とか「記録的な」といった言葉が流れるたび、はたしてこれは自然が本来持っているポテンシャルなのか―――もしかしたら地球温暖化など人間の影響が上乗せされた結果なのかもしれないと、思う今日この頃でありました。

レアケースが連続して発生する状態、それはもはやレアケースと呼べない状態なのかもしれません。

« 08/05 近況報告 | トップページ | 08/14 長野県駒ヶ根市 福麟楼(台湾ラーメン) »

時事」カテゴリの記事

雑談」カテゴリの記事

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 08/11 駿河湾沖の地震:

« 08/05 近況報告 | トップページ | 08/14 長野県駒ヶ根市 福麟楼(台湾ラーメン) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ