« 04/07 スポーツクラブを退会しようか、それとも・・・ | トップページ | 04/15 人間ドック »

2009年4月12日 (日)

04/12 爪水虫

身体がかゆいため、かゆみ止めの薬をもらいに皮膚科にいったところ、左足の親指に爪水虫が出来ているのを発見されて、急遽そちらの治療もすることになってしまいました(^^;)

実は昨年の10月あたりから左足親指の爪の内側が内出血していて、それ以来ずっと治らなかったのですね。当初は怪我だと思い込んでいて、いわいハーフ、ホノルル、東海村、あちこちで走って指に負担がかかったのがナカナカ治らない原因だろう・・・と思っていたのですが、

爪水虫とは知りませんでした。

治療は、1日1回の錠剤(テルビナフィン錠)と、同じく1日1回の外用液(ボレー外用液)。幸い、爪水虫は1箇所だけですけれども、お医者さんによれば「ボレーは皮が剥けている部分にもつけるといいよ」とのこと。

問題はテルビナフィン錠。この薬、白癬症やカンジダ症の治療に使われるものだそうで、真菌症を起す菌種に対して広く殺菌効果があるのだとか。ただし、効果が強すぎるため、胃や肝臓にかなり負担をかけるおそれがあるのだそうです。肝機能障害や造血障害を引き起こす可能性があるため、血液検査をしながらの治療となりました。

たしかにこの薬、飲むと胃がむかむかして、まるで胃炎にでもなったかのような不快感があります。「良薬口に苦し」と唱えながら我慢しています。

足の爪が全て生え変わるには、約1年を要するようで、爪水虫の治療も1年、2年がかかるそうです。気長に治療していくつもりです。

・・・その前に、胃や肝臓が壊れなければよいのですけれど。

« 04/07 スポーツクラブを退会しようか、それとも・・・ | トップページ | 04/15 人間ドック »

雑談」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 04/12 爪水虫:

« 04/07 スポーツクラブを退会しようか、それとも・・・ | トップページ | 04/15 人間ドック »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ