« 08/19 【聴】Rogers Studio 1 セカンド・インプレッション | トップページ | 08/24 日記 »

2008年8月22日 (金)

08/22 本を読む、ということ

本日、8月としては6冊目の本を読み終え、7冊目に着手しました。

積読にしていた本も、読み始めた本ともう1冊を残すのみ。近年にはないかなり速いペースです。

もっとも、もう1冊はいわゆる「学術書」なので、当サイトのルールでは「読」にカウントすることが出来ません。つまり、現在読んでいる本が、亭主の所有する最後の未読の本。

積読となっていた本の中で最後に残った本、積読中の積読となった本とは一体何か?亭主を読み渋らせるほどの内容とは一体どんな内容なのか?それは更新してのお楽しみです(笑)。ただしこれまでに何回か読んでは挫折している本なので、次回の更新は少し先になるかもしれません。


本を読む、ということは、実は結構大変な作業です。
まとまった時間に、集中して読む。時間と集中力だけでなく、興味の持続も必要です。
読んだ後に、自分の中に何か残るものがあれば、モアベター。深い感動とか、知識欲の充足とか、あるいはインスピレーションを刺激する何かが欲しいです。

短い人生です。漫然と時間を消費したくはありません。
ましてやそれが、自ら財布の紐を緩めて入手した本なればなおさらです。

買ったからには、しっかりと最後まで読む。読まないような本には手を出さない。
亭主のこだわりの一つです。

20080822twilight.jpg

先週、実家に戻った際に、学生時代に参加したサークルの同人誌一切を処分しました。
「もったいない!」と思われる方も多いと思いますが、良く考えての行動です。
自分の分を含め、同人誌の内容をあらためて読み返してみたところ、これはちょっと・・・という内容だったんですね。理解しにくくて、読みにくくて、他人に読んでもらうことを意識していない文章。ありていにいえばツマラナイ。

同人誌だから、アマチュアの作品だからツマラナくて当たり前という意見もあるでしょう。当時と現在では心境も状況も違うのだから、内容が理解できなくて当然という意見もあるでしょう。

ですが、読み手が時間と、集中力と、興味をもって作品に向かっている、という事実を踏まえつつ、その同人誌が、読み手の期待に応え得る内容を提供しているかと考えると・・・

処分されても仕方ない出来、と判断したのでした。


読み手と作品の関係は、Webにおけるサイト来訪者とコンテンツの関係と置き換えることもできます。
(高速回線でつなぎホーダイとはいえ)それぞれに限られた時間の中でサイトを訪れてくれる方々に、どんな対価を与えることができるかが、亭主の目下の課題です。具体的にどうしたらよいかはいまだ手探りの状態ではありますが・・・。

少なくとも、1年後、10年後に読み返して、「処分されても仕方ない」と思うことのない内容のサイトにしたい。「どむや」を立ち上げて以来、この気持ちはずっと変わりません。

※写真は昨日撮った笠松運動公園からの夕焼け。単なる埋め草ですいません。

« 08/19 【聴】Rogers Studio 1 セカンド・インプレッション | トップページ | 08/24 日記 »

雑談」カテゴリの記事

コメント

 学生の頃は、何となくイメージで買っては、読む本と読まないままになってたものとがありましたが、主婦になってからは、よほどじゃないと本を買わなくなりました。(汗) もっぱら、町の図書館頼りです。(^^;ヾ 小さい町ならではですが、頼んでおくと、まっさらなキレイな本を一番に読める利点があります。
 買うのは、特に気に入った本のみなので、経済的ですよ。(^_ー)

コメントありがとうございます。

借りて読めば充分、という本もある一方で、いつまでも手元においておきたい、という本もあるということですね。

本を書く人に限らず、あらゆる分野の作家さんにとって、「いつまでも手元におきておきたい」作品を作ることは目標の一つかもしれませんね。
私もそういう作品を作りたいとかねてから思っているのです。

 へ〜〜! かたぎりさんは、実は本を書きたいと思ってらっしゃる?
 凄いですね。

 私が本を買わなくなった理由は二つ。一つは、生活に追われて、自由になるお金があまりないこと。(*_*) もう一つは、本の置き場所に困るから。

 ちょっと読んでみたいだけの、芸能人本とかは、借りて読めば十分だし、そうすると「これは買いたい!」って本が自然に出てきますね。でも「ホームレス中学生」は、子どもたちにも読ませようと、買いました。(^_ー)

お金と、場所、すごくナットクです(^^)

本を書きたい・・・と思っていたこともありました。
今はどちらかといえば、この「どむや」のサイトを一つの作品にできないかと考えています。

商品という形ではなく、皆さんに楽しんでもらうための作品としてですね。

アランフェスさんのサイトは、本になる完成度だと思いますよ(^o^)b
拝見するたびに「すごいなぁ」と
思ってしまいます。

 お褒めいただき、ありがとうございます。(^^;ヾ

 実は、いつの頃からか、エッセイを書くのが好きになり、「エッセイ集」を出せたらなァ、なんて思った時期がありました。今は、ブログでエッセイを書いて、ちょっとしたエッセイスト気分を味わってますね。

 中1のとき、「アンネの日記」を読んで、自分も将来、日記が有名になるかもしれないという、しょーもない理由から、自ら日記を書き始めた私であります。(・_・;)

それはぜひ「エッセイ集」の出版を・・・(^^)
楽しみにしております

そういえば実家にも自費出版の本が
いっぱいありました(両親の知人が書いたものですが)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 08/22 本を読む、ということ:

« 08/19 【聴】Rogers Studio 1 セカンド・インプレッション | トップページ | 08/24 日記 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ