« 03/16 日記 | トップページ | 03/18 【聴】Celestion 5 »

2008年3月17日 (月)

03/17 無駄人生のススメ

会社に行ったところ、亭主と共同で仕事をしている二人(先輩と同僚)が昨日から完徹状態で机に向かっていました。ノルマである報告書の締め切りに間に合わせるため、やむなくの徹夜だったのだそうです。

亭主はといえば、金曜日に報告書の第一稿を完成させ、土日はしっかり休んでいます。本日の午前に照査、午後2時に承認を終えてノルマを果たしています。

対する二人はといえば、意識朦朧、ヘロヘロの状態。先輩はなんとか書類を提出してフレックスで帰宅しましたが、同僚は書類の訂正が終わらず、定時後に「もうだめです、帰ります」という言葉を残して帰っていきました。

同じ仕事をしている人間として、身を削りながら仕事をする二人に内心忸怩たる思いがしないわけではありません。しかし、かつての地獄で体と心を壊した経験のある亭主としては、(たとえ人間関係を損なうきっかけになったとしても)徹夜は断固拒否の構えです。

一晩徹夜をするくらいなら、1週間前から1時間づつ残業をして片付けるほうを選びます。

どうしても緊急の仕事ならば、残された時間で最良の結果が出せるように知恵を絞ります。

他の人が、どうしても徹夜がやりたい、というのであれば止めません。気が済むまで徹夜でもお通夜でも好きなだけやればよろしい。亭主の体と心には、それに付き合うだけの余裕がない、というだけのことです。

前にも書きましたが、休みの日は全力で仕事から逃げるのが身上なのですヽ(´ω`)ノ


実をいいますと、亭主の作る報告書や資料は、上司に「読みやすい」とおおむね好評です。今回も「てにをは」と「細かい語句」を指摘されただけで、ほとんど修正らしい修正がありませんでした。学生時代から文章を書いていたこと、入社当時に報告書の書き方について厳しく指導されたこともあるのでしょうが、それ以上に「どむや」で継続的に文章を書いていることが、今の仕事に活かされているような気がします。

だからといって、さあ皆さんブログを始めましょう、ホームページを作りましょうと言うつもりはなくてですね(汗

普段からなにげなく、好きでやっていることが、意外なところで役に立つ―――。

努力も苦労もしないで効果が上がるなら、こんな素敵なことはないと思います。
これからも期待せずに無駄なことをやっていこうと、改めて意志を固める亭主でありました。

« 03/16 日記 | トップページ | 03/18 【聴】Celestion 5 »

雑談」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

コメント

 同感!(^^) 実は私も、中1の時に、自発的に日記を書き始めました。日記と言っても、必ず毎日書くのではなく、書きたいときに書く、そういうタイプにしたところ、ずっと続き、今でも継続中です。(最近は、ブログもやってるわけで...。:笑)
 すると不思議なことに、それまで、作文なんか嫌いだったのに、いつのまにか得意になっている自分に気づきました。中2の時に書いた読書感想文が入選したり...。
 まさに「継続は力なり」なんですね。(^^)v

コメントありがとうございます。

そうですね〜。「継続は力」あるいは「好きこそものの上手」・・・
もしかしたら「ヘタの横好き」かも(^^;)

アランフェスさんのブログを拝見していると、その内容の豊富さ興味の幅の広さに驚かされます。

こちらもまた、いろいろな場面で役に立っているのではないでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 03/17 無駄人生のススメ:

« 03/16 日記 | トップページ | 03/18 【聴】Celestion 5 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ