« 01/05 年末年始日記(8) | トップページ | 01/07 PCにみる格差社会 »

2008年1月 6日 (日)

01/06 年末年始日記(9)

8時起床。でも眠いです。

眠い目をこすりながら洗濯。セーターを手洗いしました。

洗濯のあとは、来週のマラソン大会に向けて会場の下見。笠松運動公園へ行きました。
駐車場に車を止めてコースを試走し、なんとなくイメージはつかめました。他の人にペースを乱されなければなんとか完走できると思うのですが・・・はたして?

昼食はたこ焼きと、ミスドのドーナツ。カロリー的にドーナツは不要でしたが、休暇最終日ということもあって、アタマがストレスを発散したがっていたようです。

午後は部屋でThe Elder Scrolls IV:OBLIVION(PS3版)を延々プレイ。このゲーム、いわゆる中世を舞台にした一人称型RPGでして、ストーリの自由度の高さが売りとなっています。一応は本筋となるストーリがあるのですが、本筋に関係の無いダンジョン(洞窟、城砦、神殿その他)があちこちにあるほか、本筋にからまない様々な依頼や仕事(クエスト)が豊富で、本筋を進めなくとも充分に楽しめる分量があります。よく使う武器や魔法・防具・スキルによって個人の職業が決定して行くほか、プレイスタイルによっては勇者になったり、悪漢になったりすることも可能です。ギルドに入って傭兵生活をするもよし、どこにも属さず一匹狼を気取るもよし、空き家を購入して悠々自適(?)な生活を送るもよし。切り替えなしの広大なフィールドをうろついては、野生の鹿だの、クマの毛皮だのを狩る猟師さん生活をしてもよし。もちろん知らない人の家にピッキングで押し入り、強盗や窃盗でお尋ね者になっても構わないのです。

んでもって、現在の亭主のプレイスタイルですが、遠隔から弓で敵をプチプチ狙撃するうちに、どうやら射手になってしまったようです(^^;)弓矢の扱いに長け、隠密行動と軽業と回復用魔法を得意とする小物キャラとして、あちこちの洞窟を踏破しつつ、日夜道なき道を隠密モードで走っております。

射手になってイマイチ失敗だったのは、矢の補充にお金がかかる点。せっかく稼いだお金も、その多くが矢の購入に充てられてしまいます。放った矢は、敵の体(命中したもの)や路上や土の上(外れたもの)からある程度は回収・再利用できるのですが、それでも行方不明になるほうが多いのです。

射手となった亭主の得意技は、「忍び寄りからの狙撃による3倍ダメージ」→「後ろ走りによる逃げながらの狙撃」です。後ろ向きに走りながら、追いかけてくる敵のHPをプチプチと削る・・・あまり格好のいいプレイスタイルではありませんが、射手としての戦い方としては、まあそれなりに妥当なのではないかなと思っています。

夕刻に洗濯物を取り入れ、その後スーパーに行き1週間の食事を購入。
夕食はスーパーのチキンカツ弁当。気が滅入っているせいか、カップラーメンなぞも食べてしまいました。結局、日付が変わるまでOBLIVIONを延々プレイしていました。

休み最終日にしてはかなりだらけた一日で、体重の増加がいまになって心配になっています。

あしたは節制しよう・・・

« 01/05 年末年始日記(8) | トップページ | 01/07 PCにみる格差社会 »

」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 01/06 年末年始日記(9):

« 01/05 年末年始日記(8) | トップページ | 01/07 PCにみる格差社会 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ