« 12/31 年末年始日記(3) | トップページ | 01/02 年末年始日記(5) »

2008年1月 1日 (火)

01/01 元旦日記あるいは年末年始日記(4)

実家三日目。

朝6時半起床。トレーニングウェアを着込み、雪の中をジョギングに出かけました。
初日の出ランのつもりでしたが、時間になっても太陽は厚い雲の上。
結局初日の出は見られませんでした。残念。

20080101a.jpg

ジョギングの途中、地元の神社に行きお参り。昨年不幸のあった亭主、鳥居をくぐるかどうか少し迷いましたが普通にくぐることにしました。手を洗い、口をすすぎ、階段を上って茅の輪をくぐり、お賽銭を上げ、二礼二拍手一拝。

20080101b.jpg

神前仏前に限らず、亭主は何かに対して祈る、というのがとても苦手です。
健康になりたい、お金持ちになりたい、幸せになりたい等等、ほかの人はどんなことを祈っているのでしょうか。無心で目を閉じ・・・というと聞こえはいいですが、要するに"I have no idea"。

4.5kmほどを走ったあと帰宅しました。


昼頃弟夫婦が帰省。昼食のづけ丼を食べた後、ヤマダ電機の初売りに出かけました。
プリンタ、オーディオ、デジタルカメラなどいろいろと見ましたが何も買わず・・・というか高い!アピタ(ユニー系列のデパート)で食品を買った後帰宅しました。

夕食はおすしに蟹、オードブル。

食卓には近所の人にもらったという鹿肉の刺身が出ました。見た目も味も馬刺しにそっくり。しょうが醤油でいただきます。もちもちした食感の馬刺しに対して、鹿肉の歯ごたえはちょっとマグロに似ていました。なかなか美味ですが、生肉を食べている、という感じはぬぐいきれず。それほど多くは食べられませんでした。

« 12/31 年末年始日記(3) | トップページ | 01/02 年末年始日記(5) »

日記」カテゴリの記事

コメント

明けましておめでとうござます!
どうか今年もヨロシク!!

しかし、いかにも絶好な
「柔道一直線」階段ですなぁ〜。
こっちに帰ってくるまでには、
地獄車習得間違いなし!(w

鹿肉いいですね。
でも、火を通した方がいいらしいです。E型肝炎の恐れが。
そんなに怖くはないらしいですけど。

>>カンチさん
今年もよろしくお願いいたします。
ぜひ地獄車を習得していただいて、ついでに地獄車返しも会得していただけるとよいかと思いますので、ぜひ長野にお出かけの際はご一報ください。

>>127さん
情報ありがとうございます。
弟夫婦が生肉を食べていてたのですが、特に妊婦は劇症肝炎で死亡する可能性もあるとのこと。私はE型だろうがC型だろうが、命は別段惜しくないのですが、弟の連れ合いが妊娠していたら、取り返しのつかないことになる可能性もあるわけです。父母に厳しく注意しておきました。発症するか、しないかは6〜7週間後をお楽しみに、といったところでしょうか・・・当方発症したら、このブログで逐一報告させていただきます(^^;)


獣肉の生食は田舎でもめずらしく、貴重ということも手伝って、来客に供することが多いようです。
獣肉を持ってきた知人から特に注意を受けなかったことを考えると、民間に十分に周知されているとはいえないようですね。
供する側ももちろん、供される側も、出されたものに対して十分な知識がないと、おもわぬ感染症で命を落とす可能性もあるのですね。・

今回は非常に勉強になりました。
ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 01/01 元旦日記あるいは年末年始日記(4):

« 12/31 年末年始日記(3) | トップページ | 01/02 年末年始日記(5) »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ