« 7/15 みみた通信(6) | トップページ | 7/24 やさと温泉-ゆりの郷 »

2007年7月19日 (木)

7/19 ブログ雑感

ふと思ったのですが

ブログって、ずっと続けられるものなのでしょうか?

プロバイダが提供しているブログサービスは、これからもずっと続くものなのでしょうか?

たいした内容もなく、またほとんど更新されない「続・どむや繁盛記」などは、たとえプロバイダのハードディスクが故障し、あるいはブログサービスが終了してもぜんぜん困らないのですが、他のブログ作者さんが日々蓄積している価値ある記事の数々は、これからもずっとネット上にあって、メンテされ、更新されていくものなのでしょうか?

かつて私は@niftyのブログサービス「ココログ」を利用していました。ココログにはデータバックアップの機能があって、過去の記事をハードディスクに一括保存できました。ただ、ココログって、一括保存したデータを自分のPCで読む方法が提供されていなかったんですね。ココログを退会したあとで過去の記事を読もうと思っても、テキストやコードがグチャグチャと保存されているだけで、以前に自分が何の記事を書いたのかがさっぱりわからないのです。どれくらいこのサービスを利用していたのかはっきり覚えていませんが、このサービスを利用していた期間は今では「なかったこと」になってしまっています。

これが普通のhtmlファイルだったら、自宅のPCで保存・管理ができて、必要に応じて参照したり、あるいは過去の記事から新しい記事を再編集できたのに・・・と、今でも残念に思います。実際、ココログ以前はエディタでWeb日記を書いていて、この時のデータは今でも読むことが可能です。Web日記の記事をカット&ペーストして、新しいコンテンツを製作したこともあります(CDの購入記録をまとめた「聴-軟」のコーナーなどはその良い例ですネ)。

ブログの良い点は、記事の投稿が簡単で、しかもトラックバックやコメント機能などといった、書き手と読み手のインターフェースが用意されていることです。一方で、投稿した記事を自由に検索・参照したり、一覧で表示したりという用途には不向きです。また、プロバイダの乗り換え等でブログを変更した場合には以前のデータが読めなくなりますから、データを蓄積すればするほど整理が難しくなり、投稿した記事の管理が難しくなるような気がします。

・記事をベタのHTMLファイルに変換する機能
・変換したファイルを自分のPCに保存する機能

もしそんな機能があったなら、毎日読み捨てられている記事が、記録としてしっかり保存・再利用できるようになると思うのですが・・・

どうでしょうね。

« 7/15 みみた通信(6) | トップページ | 7/24 やさと温泉-ゆりの郷 »

雑談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7/19 ブログ雑感:

« 7/15 みみた通信(6) | トップページ | 7/24 やさと温泉-ゆりの郷 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ