« Windows Vista導入 | トップページ | 家族って、なんだろうね(2) »

2007年3月12日 (月)

家族って、なんだろうね

祖父が特別養護老人ホームに入りました。

最後まで、老人ホームに入ることを拒否していた祖父でしたが、
最終的には子供たち(父親や叔母)に抱えられて、老人ホームに行ったのだとか。

足腰が弱り、トイレに行ってもまともに排便・排尿が出来なかったり、
痴呆が進んで、農協に行く・・・と称して近所のお宅の庭を彷徨してみたりと
祖父の介護には、両親も本当に苦労していたようです。

亭主は当初、老人ホームに入るのを嫌がっていた祖父に同情して「本当は家が一番なのに」と思ったりもしたのですが、改めて父から介護の大変さを聞かされると「うーん」とうなったきり何もいえなくなってしまうのでした。

父は(兄弟と相談して)祖父を老人ホームに託しました。

では、亭主の父母が重度の要介護状態になったらどうするのだろう?
介護施設にお願いするのか、それとも彼ら(父母)が住み慣れた家で、自分が介護するのか。

亭主が、重度の要介護状態になったらどうするのだろう?
自らの糞尿にまみれ、他人に迷惑をかけつつ朦朧とした状態で生きるしかないのだろうか。

どうするのか。どうしたいのか。どうしなければいけないのか。
考えても考えても答えは出ません。


祖父は、老人ホームで孤独な夜を過ごしている。

父親は、猫2匹と一緒に食卓で酒を飲んでいる。

母親は、職場(心身障害者の介護施設)の職員旅行で沖縄にいる。

弟たちはそれぞれの家族とともに暮らしている。

そして自分は、遠く茨城のこのアパートで、なすすべもなくぼーっとこのテキストを打ち込んでいる。

家族って、なんだろうね。

« Windows Vista導入 | トップページ | 家族って、なんだろうね(2) »

雑談」カテゴリの記事

コメント

 難しい問題ですよね。実は、私の実母も、この秋から「グループホーム」に入りました。実家で兄夫婦と暮らしていたのですが、兄夫婦も還暦を迎え(私とは1回り以上の年齢差)、子どものいない夫婦なので、母が一人でトイレに行けなくなったり、ひどい頻尿で、一晩中「トイレ!」とせがんだり、かといって、オムツをかたくなに拒否したり、そういうことで限界を感じたそうです。
 私も、複雑な思いであるし、兄もできれば自宅へ置きたかったようですが、ある朝、部屋に行ってみると、トイレの前に倒れていてるのを見て、決断したそうです。
 そういう状態では、私が引き取っても、やはりお手上げになることが目に見えてる。
 幸い、とても雰囲気の良い施設に入れたので、週1のお見舞いを欠かさず、月1の「歌のボランティア」をせめてもの罪滅ぼしに実行しようと、心がけています。
 老人の寿命が延びすぎたこと、核家族化が進んだこと、少子化が進んでいること、今後益々、この問題は増えそうですね。

コメントありがとうございます。
とにかく難しい問題で、私自身、アランフェスさんのコメントをよんでまる一日、自分や、世の中の将来を考えてみたのですが、やはりというか、考えがまとまりませんでした。

どうも気が滅入っているようで、考えることもどこか破滅的でいけません。

もう少し良く考えてみますね。

 いえいえ、夜中に一人で考え事をすることは、あまりよくないことです。と、「佐賀のがばいばあちゃん」が言ってます。(笑)
 私も最近、そう思います。深刻なことは、昼間考えた方が良さそうです。夜中だと、どうしても「ネガティブ」な方向に行きがちなので...。

 結局、一人ひとりが、「何ができるか」なんじゃないかと思うこの頃です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 家族って、なんだろうね:

« Windows Vista導入 | トップページ | 家族って、なんだろうね(2) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ