« 骨折通信6 | トップページ | 骨折通信8 »

2007年2月18日 (日)

骨折通信7

全然記事が書けていません。すいません。

先週の火曜日に警察に被害届を出した話、生まれて初めて警察の取調室に入った話、警部さんから直々に事情聴取を受けた話、取調室のドアが全開になっていて、振り向いたら事務所で警察官がPCで延々「ソリティア(Windowsに標準でついてくるゲーム)」を遊んでいた話、なんだかんだで夜の7時半まで事情聴取していた話などなど―――って、だらだらとエピソードを並べ書いてたら、だいたい上のような話で要点を語ってしまいました(^^;)

事情聴取の次の日に警察の方から「聞き込みをしていますが、目撃者がなかなか見つかりません」なんて報告も受けてます。捜査は難航している模様です。

ひとつ分かったのは、事故のあった歩道が、歩行者専用ではなく「自転車も通れる歩道」だったこと。

事故を起こした際に、会社の総務の人に「そもそも、自転車は歩道を通っちゃいけないんですよ」「自動車と同じで、車道を、左側を走らなきゃいけないんですよ」と厳しく指摘されて「じゃあ事故の責任は私にもあるんだ」と凹んでいたのでした。事情聴取の際にこのことを警部さんに言ったところ、警部さんの目が急に真剣になって

「あの歩道は、自転車も通れる道路です。ちゃんと標識があります。現場を見ないで、そういうことを不用意に言うのはいけないことです」

ときっぱり言ってもらいました。

こういうことを言うと誤解を受けるかもしれませんが、すうっと肩の荷が下りたといいますか、救われた気持ちになりました。嬉しかったなぁ。

自分が正しかったことに対してではなく(だいたいそこが自転車を通れる歩道であることをしらなかったので)、自らの罪(の意識)が軽減されたことへの安堵。

同時に、言葉が人に対して与えるダメージの大きさ、深刻さについて改めて考えさせられる一件でもありました。


「左側を走らなきゃだめ」と言っていた総務の人が、現場検証の当日、右側歩道を自転車でギコギコと現れた際にはさすがに腹が立ちました(その人の家は現場の近所なんだそうです)。

「あんただって右側歩道を走ってるだろうが!」

この言葉をどれだけ言いたかったことか。
言わなくてよかった。

« 骨折通信6 | トップページ | 骨折通信8 »

日記」カテゴリの記事

コメント

 国語教師をしている友人がよく言ってましたが、「言葉には魂がある。」「言霊(ことだま)」が「言葉」の語源。という話。
 何気なく言われた言葉でも、大きく傷つくことがあるし、励まされたりもする。せめて、自分が発する言葉には、気をつけたいものだと、いつも肝に命じてる私であります。
 そういえば、サザンの歌にも「愛の言霊」ってのがありましたね。(^^)

 ところで、最近テレビCMでやってるYMOのヤツを見ましたか? 原始人になったり、江戸時代の格好になったり、かなり笑えますよ。(特に、細野さんの女装が...。)

どうもです(^-^)

YMOの曲、ライディーンの新曲ですね!
早速ダウンロード購入しました。なかなかよかったですよ〜

「言霊」私もそう思います。

言葉は人を祝福する(=言祝ぐ・ことほぐ)一方で

人を呪い、殺すことだって出来るのです。

ネットは特に「言霊」が目に見えて定着しますから、特に気をつけたいですね。書くほうも、読むほうも。

もっとも不向きな話題に参入

大分お話が進んだようで、良い人が担当で何より。

無言も言葉の内

傷ついて傷つけ合って、愛し奪いあった僕等・・・

どむさん、こんばんは。
某千板でのレス、ありがとうございました。
それでもまた元妻の夢を見ました。悲惨さは変わりありませんでした。
人が平和に生きることの難しさ、ありがたさを感じずにはいられない最近です。

>こむぎさん

言えば言うほど傷口を広げる場合と同様に,言わないことがかえって傷口を広げる場合もあったりして,難しいです。

言いたいこと,書きたいことはたくさんあって,でも実際に口にしたり,文章にしたりすることはすごく少ないです。自己完結しちゃうんですね。

でも,自己完結では他の人との意思疎通に,ならないんですよねぇ

>きんたこさん

きんたこさんへの言葉を考えて,結局無難なことしかいえないのが歯がゆいです(^_^;)

起きると夢は消える。でも夢をみていたときの感情は残るんですよね。楽しい夢なら楽しい気持ちが,悲しいときには悲しい気持ちが。

せめて夢くらいは楽しいのがみたいですね。

起きた瞬間に忘れるくらいの夢とかね。

>かたぎりさん
いつもお相手して下さって有り難うございます。
かたぎりさんは優しいなあ。
実のところコメントの削除依頼と謝罪をしに見に来ました。
言わなくてよかった。->何も言わないというのがゼロではないと継承して書いたのですが、場所、タイミング、表現法がダメです。
ごめんなさい。
かたぎりさんが好意的に受け止めて下さったので救われました。
必要なときに適切なことが言えるような立派な人になるのは私にはとても困難で道のりは遠いです。
かたぎりさんの早い回復と今後のご幸運をお祈りします。

>こむぎさん

どうもです。

謝罪なんて、とんでもないです。

自分こそ、自分の言ったことに葛藤したり、反省したり、もうしょっちゅうですよ。いやんなっちゃう(^^;)

コメントは編集可能ですので、なにか気になるところ・訂正したいところがありましたら要望してくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 骨折通信7:

« 骨折通信6 | トップページ | 骨折通信8 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ