« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月31日 (日)

大晦日通信

今年も「どむや」をご愛顧いただきまして
本当にありがとうございました。

来年が皆様方にとっていい年でありますよう
茨城・ひたちなかの地よりお祈りしております(^人^)

--

今日まで仕事があったおかげで、帰省しませんでした。
大晦日に出勤するのはこれで2年連続。昨年はなんとか車を飛ばして
4時間で実家に戻ったのですが、今年は19:30まで会社にいたこともあって
結局帰省を断念しました。両親はずいぶん気落ちしていましたが・・・

することもないので、早く寝ます。
おやすみなさい。

2006年12月30日 (土)

チチ キトク スグカエレ

ハードオフのオーディオ売り場をうろうろしていたら、携帯電話が鳴った。
自宅からだ。

父「今どこにいるの」
私「中古ショップにいるよ」
父「すぐ帰るようにね」
私「なんで」
父「今日6時半から、ビートたけしの超常現象スペシャルがあるから」
私「あれ、あれっていつも大晦日じゃなかったっけ」
父「今年は今日やるよ、早く帰るように」
私「はいー、すぐ帰って観るよ」

超常現象の番組があるときは、かならず電話で知らせてくれる父親。
奇特な人です。

2006年12月28日 (木)

管理職劇症長期休暇前テンパり症候群(仮称)について

 その名前のとおり,管理職が長期休暇(夏休み,年末年始,ゴールデンウィークなど)を前にして急激にテンパる症状の総称。上司に下記症状がみられたら要注意。

(1) 休みの前に会議を入れたがる
 なぜか不安感が高まり,会議がしたくなる。
 部下や関係部署を集めて進捗を確認するが,ただでさえ忙しいのに召集されたものにとっては迷惑でしかない。当然,当人は会議資料を準備しないため,資料作成などで周囲に多大な負担を与える。

(2) 休みの後に期限を設定したがる
 例えば仕事始めが1月5日の場合,「1月6日まで」などと無茶な期限を設定しようとする。10日後だから大丈夫だろう,という現状認識の甘さからくるが,実際には10日のうち7日が休日だったりする(しかも1日は仕事始め,もう1日は仕事納め)。暗黙のうちに部下や関係部署に正月出勤を強要しているが,本人は無自覚。当然本人が休日出勤するはずもない。

(3) 休み直前に仕事を与えたがる
 仕事納めの日,夕方頃になっていきなり「○○の件よろしく」などというメールを出したり「あの件どうなった」と要らぬフォローを入れ始める。「休み明けに(自分または担当者が)忘れていると困るから」とは本人の弁。フォローが厳しい場合,休み前の担当者に無用なストレスを与えることも。

 たった1週間の休みなのに,休み明けには会社が消えているかのように行動するのがこの症候群の特徴。不安障害の一種とも考えられるが,周囲に多大なストレスと作業量を与えるハタ迷惑な病症といえる。

(4) 忘年会をしたがる
 勝手にしてろ!この暇人が!

続きを読む "管理職劇症長期休暇前テンパり症候群(仮称)について" »

2006年12月24日 (日)

ありがとう通信

クリスマスイブの夕べ。

1000ZXL子さんからクリスマスプレゼントにお酒を頂いたので、夕食に飲んだ。ドイツのカッツ・ブルーネコボトル。名前のとおり、猫の形の青いボトルに入っている。ドイツワインらしい甘口の白ワインで、口当たりがよいため油断しているとどんどん飲めてしまう(もちろん少しづつ大事に飲んでます)。夕食のサンドイッチとともにおいしく頂きました。ありがとうございました>1000ZXL子さん

ぼーっとしていたら、実家から荷物が送られてきた。正月休みに実家から米をもらってくる予定が、31日の夜まで仕事になってしまったので、急遽荷物として送ってもらったのだ(昨年も31日の夜まで仕事だった)。米のほかに、漬物、乾物、果物、レトルト食品などがごっそり入っていてこちらも感謝(^人^)

報道特集も見たし、「どむや」のページも更新したし、今日やることは全て完了。
ちょっと早いけど、寝ます。

おやすみなさい。

ダウナー通信第10号

世は並べてクリスマスムード。

裕福そうなお宅の庭先には、クリスマスのリースと電飾が飾られ、テレビからはひっきりなしにクリスマス・ソングが流れている。

亭主も今日ばかりはダウナー脱出、クリスマスムードに浸ってみようと思いつき、クリスマスの色彩を求めて外に出た。

赤 ・・・ どんぶり
白 ・・・ こってりスープ
緑 ・・・ ネギ

ああ、クリスマスって、天一のことだったんだなと思ってはみたものの、天一まで出かける気力がない。宇都宮店(123号)に行くにも、水海道店(294号)に行くにも、つくば店(6号)に行くにも、国道をあと一時間は走らなければならないのだ。

「クリスマスと天一は遠きにありて思うもの」

代わりといってはなんだが、近所のラーメン屋で、スタミナラーメンを食べた。

赤 ・・・ あんかけ
白 ・・・ 麺
緑 ・・・ きゃべつ
紫 ・・・ レバー

ああ、紫がいやだ。今日はなんだかとっても格別すごくいやだ。レバーは栄養だ、そう思わなければ食べていられない。

麺の湯ぎりがぜんぜん不十分で、せっかくのあんが台無しなのも気に入らない。
人気店というが、調理はぜんぜん雑だし、辛味ばかりでせっかくのあんの甘さが引き立たない。出てくる時間も遅い。代わりに餃子を出すのが早すぎる。

どうしてこんなことになっちゃったのだろう?

やっぱり天一にすればよかった。天一にしか、今の自分は癒せない。
一福飯店には昨日と一昨日行ったし。

漫画喫茶に行って、「のだめカンタービレ」の#1〜#6を読んで、すごく面白くて、久しぶりに漫画読みながら笑って、でもテンションが続かなくて1時間で出た。

仕事に行こうかとも思ったのだが、やめた。

家にいれば気が滅入る、会社に行く気もしない、外に出ても遠くに行く気力がない。
どうしようもなくなって、結局とぼとぼと自宅に戻ってきた。

待望していた週末のお休みなのに、どうしてこんなにきついんだろう?

とりあえず夜を待つ。

2006年12月15日 (金)

ダウナー通信第9号

世の中には理不尽なことがある。

Tower Records Internet(@Tower)で、お買い物をしたところ、今日届けますとの連絡がきた・・・ここまではよくある話。

荷物のお届け時間が20:00〜22:00だったので、必死で自転車を漕いで帰ったところ、20時を10分ほど過ぎてしまった。やれやれ、まだ荷物は届いていないようだと一安心して着替えていたところ、佐川急便が荷物を届けにやってきた。

ところが配達員の機嫌が妙によろしくない。

「うちは20:00までだから、それ以降はナイト便扱いにしてくれませんかね」

・・・(-_-;)

配達できないんだったら発送オプションで選択できないようにしろよ!>タワレコ

大体、夜20:00時以降に配達しないような不便な業者(佐川)をどうして頼むのかね、と、気分を害した亭主、タワレコに文句のひとつでも言ってやろうかと思ったのだが、ふと思い立って佐川急便のホームページで「ナイト便」を検索してみると

・・・(-_-;)

ナイト便なんてオプションどこにも書いてねえよ!

こういうわけのわかんない業者が配達している佐川を使うタワレコ、なんとかしてほしいもんです(T-T)
配達されるたびにクレームつけられちゃかなわん

2006年12月11日 (月)

ダウナー通信第8号

ぎりぎりの一日。
すべてが間一髪、紙一重で進んでいく。

しかし結果は必ずしも悪くない。というよりも、むしろ良い。
どんなに忙しくても、すべてが良い方向に、前へ、前へと進んでいる気がする。運もある。

周囲は年末に向けてテンパっているけれど、
せめて自分だけは、楽観的に生きるように心がけている。
どーせ心配しても、心配しただけ損なのだ。最近は。

--

全然関係ないが、弟がこんなものを手に入れた。

GRP_0000.jpg

ねりものキャノン。

ジャスコのガチャガチャコーナーで見つけたのだという。
当方もかなり欲しいです。

2006年12月10日 (日)

Sycom Radiant GX1000BP(2)

ソフトについて。
土曜日の夜は、その大半を新PCへの環境移行に費やした。
まず必要なのはネット関係のツール。

メーラ : Becky!
ブラウザ : Sleipnir, FireFox, Opera
掲示板ブラウザ : Jane Style
FTPクライアント : NextFtp
メール通知 : ちょめーる

ブラウザは「どむや」の動作確認のため複数インストールしている。メールにせよブラウザにせよ、今日日はこれらがないと手も足もでない。ちょめーるは、タスクトレイに常駐してメール着信を調べてくれるソフト。メールの確認にはこれが便利だ。

次に、エディタ/画像作成関係。もっぱら「どむや」のページ作成用。

テキストエディタ : 秀丸
画像エディタ : Adobe Photoshop Elements
HTMLエディタ : Macromedia Dreamweaver
ロゴデザイン : フォン太

フォン太は、フォントに装飾を加えてロゴを作成するもの。ほかの人はどんなものを使っているのだろう?よくわからないが自分はほとんどこれで済ませている。

次に、ツール関係。

pdfビューワ : Adobe Acrobat Reader
ライティングソフト : Nero Express
DVD再生ソフト : PowerDVD

などはOEMとしてすでにインストール済みなので、ここでは、

アーカイバ : LHMelting + UNLHA32
スキャナ関係 : Canoscan Toolbox + 読取革命(OCR)

などを入れた。スキャナはCDのジャケット取り込みやカタログのスキャンに利用している。読取革命(OCRソフト)はこれまでに1〜2度使用したきりで、あまり使っていない。

最後にアプリケーション関係。これまでずっと使ってきた定番ソフトとして

オフィス : OpenOffice
家計簿 : ひかる
辞書 : リーダース英和辞典
iPod管理 : Apple iTunes + QuickTime

などを入れた。家計簿は浪人時代からつけているもので、現在の「ひかる」は1999年から使用している。「使っているうちにお金がたまる!」とはひかるのキャッチフレーズだが、当方あまり実感がない(苦笑)。惰性で付けている感じだが、かといってやめてしまうと際限なく金を使いそうな気がする。一種の歯止め。

最後に必要悪として

ウィルス対策 : Norton Antivirus

を入れておしまい。インストール不要な小アプリは使う際に必要に応じてハードディスクに入れることにする。
以前のPCにはSkypeやApache(Webサーバ)、ActivePerlなども入れていたけれど、今回はインストールしなかった。Skypeは常駐量が莫大なわりに使用頻度が圧倒的にすくない。Apache, ActivePerlを用いた「サイト運営」の勉強は当座の目的を達したので、あえてWebサーバを立て直す必要もなかろう・・・。

とりあえず原状回復は終わった。
これからこのPCで何をしていくか、その算段はこれからだ。

Sycom Radiant GX1000BP

土曜日の夜、注文していたPCが届いた。

Sycom Radiant GX1000BP series

CPU : Intel Core2Duo E6700 [2.66GHz/L2 4MB/DualCore/FSB1066]
MOTHER : GIGABYTE GA-965P-DS4[Intel P965 chipset+ICH8R/GigabitLAN]
MEMORY : 2048MB DDR2-SDRAM PC4200[1024MB*2枚]
HDD : Seagate ST3120811AS [120GB 7200rpm 8MB S-ATA2 流体軸受]
CDROM : DVD-RAM/±R/RW;LG GSA-H10N(OEM)+ソフト
VGA : nVidia GeForce7600GS 256MB ファンレス(ASUS製)
CASE : Inwin IW-C588 Silent460(黒) [Inwin製460W電源搭載]
OS : WindowsXP Professional(SP2) OEM

CPU-FANは標準品、SOUND, LANはオンボード。その他キーボードやマウスなどは一切ないミニマルな構成。

ちなみにこれまでのマシンは

CPU : Intel Pentium 4 2.0GHz
MOTHER : GIGABYTE GA-8IEX
MEMORY : 512MB PC2100[256MB*2枚]
HDD : Seagate ST3160812A [160GB, 7200rpm Ultra ATA]
CDROM : DVD-RAM/±R/RW; LG GSA-4120B
VGA : ATI Radeon 9600 ファンレス(XIAi製)
CASE : 不明(Enermax製ATX電源)
OS : Windows XP Professional(OEM)

こちらも同じくCPU-FAN, SOUND, LANは標準添付のものを使用している。

これまでのCPUが2.0GHzだったのに対して、今回は2.66GHz。たいしたパワーアップではないだろう、と思っている方は、マルチコアの実力を過小評価している。SiSoftwareのベンチマークソフト, Sandra Lite XIによれば

Core 2 Duo E6700(2.66GHz) : Dhrystone 24688 / Whetstone 16934
Pentium 4(2.0GHz) : Dhrystone 4543 / Whetstone 3801

と、整数演算で5.4倍、浮動小数点演算で4.4倍の性能差を見せ付けている。クロックが性能を直接示していたのは過去の話、らしい。
もちろん、マザーボードのFSB、メモリの速度、グラフィックボードの性能によっても全体のパワーは変化する。OSやアプリの体感速度は確実に向上していて、特にこれまで負荷の大きかったHTMLエディタや、Java上で動作するOpen Officeなどでの性能向上が著しい。
CPUのクロックが2倍(つまり2.0GHzの倍、4.0GHz)になったら買い換えようと思っていた亭主もまた、マルチコアの実力を過小評価していた一人ということになる。

まいりました。

--

一方で、気になることも少なからずある。たとえばPCの作動音だ。GX1000BPは、CPUやマザーボードからの熱を筐体側面から排気していて、この排気口からの排気音とファンの作動音が意外と大きい。PCを使用している場合にはそれほど気になるレベルではないが、音楽を聴いている場合、あるいは眠っている場合にこの音はかなり耳障りだ。

一方、これまで使っていた自作マシンは、鉛シールや制振用ゴムブッシュの使用、あるいは部品類の静粛性に徹底的にこだわっていたこともあり、比べてみるとかなり静かだ。自作マシンでは、ヒートパイプや巨大なヒートシンクを使わず、筐体の共振を抑えることでPCの作動音を押さえてきた。ドライブの取り付け位置を工夫してケース内の風の流れを整えることにより、マザーボードについている安っぽいチップ冷却用ファンをはずせるようにもした。

最近のPCのうるささに驚くと同時に、自らが地道に進めてきたPCの静音化が、意外と大成功だったことにいまさらながら驚いている。

2006年12月 4日 (月)

ダウナー通信第7号

PCの調子が悪い。

昨日1回,今日1回起動に失敗している。正常に起動しても時間がかかる。
昨日は,アプリがエラーで起動しなかった。幸い,再起動で元に戻ったが・・・

原因はマザーボードのように思える。アプリ起動時に「ネットワークが使用中です云々」のエラーが出るのは、オンボードのネットワークアダプタに何らかのトラブルがあると推測したからだ。現在のマザーボードに換えて、いったいどれくらい経っただろう。手元のメモに拠れば2002年とあって、もう4年も使っていることになる。寿命はまだまだ先だろうが、そろそろ電子部品の動作が怪しくなってくる頃ではある。

いっそのこと,新しいPCを買おう。PC間で設定を移動するのが面倒なので,もう一台を買って,2台を切り替えながら設定を移そう。

新しいPCはなににしようか。値段とスペックから言えばサイコムが最有力候補だが、会社のPCもサイコムなのが悩ましい。会社のPCと同じ筐体のPCを、自宅で使うのはある意味ストレスだ。

会社を早く引けてPC-Depotに行き、電卓片手に見積もりを取る。Epson DirectとDellとパソコン工房とStorm Systemなんとかでも相見積もりを取る。結局サイコムがいちばん安いことが分かって、なんかいい組み合わせがないかとサイコムのホームページでいろいろといじっていたら・・・ああぁっ!

注文を押してしまった(´ω`)<しかも住所まで入れている

スペックは会社のよりずっといいが、筐体のデザインは会社と一緒。
ま、まあ色違いだし・・・いいか・・・いいよな・・・もう押しちゃったんだもんな・・・

ネット販売恐るべし

続きを読む "ダウナー通信第7号" »

2006年12月 1日 (金)

ダウナー通信第6号

昼間に入る布団ほど、不快なものはない。

夜はあれほど暖かかった布団のなかも、昼間はただ冷たく、湿っぽいだけの空間でしかない。頭痛と発熱が酷く、半日で仕事を切り上げて帰ってきたのだが、布団に入った瞬間、風邪がさらに悪化したような気分になった。

じっとりと湿っぽい布団のなかで頭痛の去るのを待ちながら、昼間の布団が不快な理由を考える。足元の湿っぽさの原因は、おそらく昨晩自分がかいた寝汗だろう。布団は汗を吸収し、一部を繊維のなかに閉じ込め、一部を大気へと蒸散させているに違いない。自分が会社から帰ってくる頃には、布団は元のふかふか、暖かい状態になっているのだ。

布団も呼吸している。

このフレーズがわりと面白くて、寝ている間はずっとそんなことを考えていた。布団乾燥機でむりやり乾燥させずとも、一日という時間を与えれば夜にはちゃんと快適な状態となる。布団えらい。快適な「ふとんライフ」を送るためには、布団にもちゃんとした休息を与えたほうがよい。

ふとんふとんと心の中で繰り返していたら、ゲシュタルト崩壊がおこって「ふとん」が「ふー」と「とん」になって、いつの間にか頭の中を得体の知れないモールス信号がぐるぐると回っていた。

気持ちが悪い。

ああ、これは昼間の布団の眠りを妨げた罰だ。

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ