« ダウナー通信第4号 | トップページ | ダウナー通信第6号 »

2006年11月30日 (木)

ダウナー通信第5号

子供の頃、「催眠術入門」という本を愛読していた。
テレビのマジック・ショーにありがちな、指を鳴らすだけで人が一瞬にして催眠状態に陥るワザが使いたくて、何度も何度も読み返した記憶がある。

本によれば、入眠前の10分間ほどを使って催眠術の簡単な練習ができるという。
手が暖かい、冷たい。足が温かい、冷たい。手足が重くなる、軽くなる。暗示によって、体の様々な部分に実際にはない変化をもたらす練習。

催眠術の練習というよりも、自律神経の調子を整える練習だったと気が付いたのは、随分あとのことだ。この練習のお陰で、手足の冷えに悩まされたことはないが、これが子供の頃に必死に習得しようとしたワザかと思うと、ちょっとほほえましい。7〜10月の精神的に厳しい時期、動悸が酷かった時期にこの練習をやっていれば、もう少し鬱の症状が軽かったのかもしれない。

子供の頃は、いろいろなことを覚えた。

密教の九字のきり方、印の結び方は中学生の頃に習得している。
試しに今さっき印を結んでみたら、もう20年もやっていないのにすらすらと手が動いたのには驚いた。

とはいえ、こちらはあまり実生活に役に立っていない。

--

日中の寒さが祟ってか、風邪を引いたらしい。悪寒、頭痛、ノドの痛み。夕方からは咳も出始めた。
しかし明日は唯一、自分の仕事が出来そうな日なのだ。会議も夕刻に1件あるのみ。
酷くなければ会社に行く予定。明日も。そして明後日も。

« ダウナー通信第4号 | トップページ | ダウナー通信第6号 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダウナー通信第5号:

« ダウナー通信第4号 | トップページ | ダウナー通信第6号 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ