« [5/26]喜びを噛み締める | トップページ | [5/28]ほっかほっか亭に行く(多分生涯で3度目くらい) »

2006年5月27日 (土)

[5/27]ユリの花を食べる

水戸にCDを買いに行った後、そのまま宇都宮まで足を伸ばしました。
「宇都宮といえば餃子?」と多くの人が想像するでしょうが、さにあらず。実は天下一品が無性に食べたかったんですね。水戸駅南店が閉店してからというもの、天一については常に渇望状態で、1ヶ月もあくと体内のこってり濃度が下がって途端に調子が悪くなるのです。おおよそ2ヶ月ぶりに食べた待望の天一・・・でしたが、残念なことに宇大前店は味がイマイチでした。どろどろ感はあるのに味がせず、麺も茹ですぎ・柔らかすぎで、ちょっと食べるのに苦労しました・・・なんでだろう?

宇都宮のすごいところは、たとえ宇大前店の調子が悪くても、同じ市内・睦町にも天一がある点です。なんて贅沢なんだ。宇都宮。

--

この日は、宇都宮市内のタワーレコード、ブックオフ、ハードオフなどにも立ち寄りました。CDを合計で13枚も買ってしまったため、帰宅後は音楽を聴きつつ、ホームページ用コンテンツを粛々と更新しています(現在も更新中)。コンテンツ更新がなければとっても楽なんですが・・・まあこれも楽しみの一つです。

--

夕食は一福飯店で五香刀削麺。ママさんから、ユリの花のおひたしの差し入れがありました。日本ではほとんど食用にしないユリの花ですが、台湾ではポピュラーな食材なのだそうです。

黄色い花はシャキシャキと歯ごたえがよく、とても花とは思えません。ごま油とダシ味のあっさり風味はご飯によく合いそうです。ママさんによれば、ユリの花にはほうれん草の約20倍の鉄分があるのだそうで・・・もちろん、日本のユリとは品種が違うので、間違って国産ユリの花など食したりしないようお気をつけください(汗

「久しぶりにユリの花を食べた」とはママさんの言。
なんでもあるように思える日本ですが、入手困難な食材はまだまだありそうですね。

« [5/26]喜びを噛み締める | トップページ | [5/28]ほっかほっか亭に行く(多分生涯で3度目くらい) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [5/27]ユリの花を食べる:

« [5/26]喜びを噛み締める | トップページ | [5/28]ほっかほっか亭に行く(多分生涯で3度目くらい) »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ