« [4/7]今いちど携帯の機種を選びなおしてみる | トップページ | [4/9]赤ちゃんが刀削麺に挑戦する »

2006年4月 8日 (土)

[4/8]ワンセグ携帯のカメラ機能に注目してみる

水戸の石丸電気で、auのワンセグ携帯、W41H(日立製)を買ってきました。
新規契約で価格は\14500でしたが、各種割引(MY割, パケ割)などを組み合わせたところ、おおよそ\10000になりました。割引の組み合わせ次第では\9000くらいまで安く出来そうですが、先週auショップで\20000、ケーズデンキで\17000だったことを考えると、まあこれくらいでいいやと納得。

巷では\0まつりをやってるところもあるそうですが(2ちゃんねる情報)・・・キニシナイ!(゚ε゚)

--

W41Hの主な機能は以下のとおりです。

・通話
・メール
・EZ-Web
・BREWアプリ
・着うたフル
・デジカメ(207万画素, AF)
・ワンセグ(地上波デジタルTV)視聴
・FMラジオ受信
・PCサイトビューワ(PC用Webサイトの閲覧機能)
・Felica機能(Edy, モバイルSUICA対応?)
・LISMO(au Music Player)

ハイエンド・フラッグシップという言葉に弱い亭主ですが、昨日の日記にもあるようにどれだけの機能が有効に使えるか、ちょっと不安だったりもします(^^;)

--

現状では、Vodafone V603SHの代替機として使えれば充分と考えています。特に「食」の画像は携帯のデジカメ機能を活用していますので、デジカメの画像には気を使いたいところ。というわけで、夕食もかねて、W41HとV603SHの画質を比較してみました。

特設ページの左がW41H, 右がV603SHです。

!!注意!!
以下のリンクは大容量の画像データを含みます。
モデム、ISDN回線では読み込みに相当の時間がかかりますのでご注意ください。

どむやWiki -- Au W41H特設ページ

いかがだったでしょうか。

亭主は

・V603SH : エッジの立った文字通り「シャープ」な画像
・W41H:まったり・油絵的な画像(CMOSあるいはカシオ製デジカメの特徴?)

と評価しています。1枚目のお花の画像を見ていただければ一目瞭然。V603SHは画面全体にフォーカスがあっているのに対し、W41Hは背景がボケています。デジカメ画像を素材的に使いたい亭主としてはV603SHのエッジの立った画像が好みなのですが、一福飯店の刀削麺を見る限りではW41Hのほうが実物により近いようにも思います。

傾向はだいたいつかめたので、あとは写真のテクニックでなんとかカバーする方向で。しばらくはVodafoneと併用しつつ、半年くらいをかけて徐々にVodafoneの使用を抑えていく予定です。長年使ってきたVodafoneですから、はいサヨナラというのも寂しすぎます。料金プランを最安にして、長期割引で料金を最低限に抑えれば、auとの共存も可能なのではないでしょうか。

あそうだ、Vodafoneのほうをシンプルでスタイリッシュな携帯に機種交換するってのはどうかな(゚ー゚)b

« [4/7]今いちど携帯の機種を選びなおしてみる | トップページ | [4/9]赤ちゃんが刀削麺に挑戦する »

物欲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [4/8]ワンセグ携帯のカメラ機能に注目してみる:

« [4/7]今いちど携帯の機種を選びなおしてみる | トップページ | [4/9]赤ちゃんが刀削麺に挑戦する »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ